音羽文子 58歳・種搾りプレス!エンドレス種付け近親相姦:センビレ

モザイクありのアダルト動画を初レビューします

当サイトは2018年に「熟女無修正動画レビュー」という名前でスタートし、その後2020年に現在の「熟女動画は五十路に限る:無修正」にサイト名を改定しました。以降五十路の熟女を中心に、基本は無修正動画だけをレビューしてきました。

その間に、管理人よっしーはモザイクありのアダルト動画もレビューしてみたい…なんてことを書いたことがあるのですが、このサイトのコメント欄で「ぜひやってください」という要望もありましたので、今回、初の試みとしてモザイクありのアダルト動画レビューをやってみたいと思います。

このモザイクありのアダルト動画をレビューするに際して、管理人が決めたルールは、無修正動画の作品と同様に「自分でお金を払って購入したものに限る」ということです。当サイトは無料動画紹介サイトを撲滅したいと考えているひとりでもあり、エロに関しては自分で対価を支払って、きちんと所有したものにこだわっています。

というわけで、今回管理人よっしーの所有しているFANZAのリストから、以下の音羽文子さんの作品をレビューすることにしました。

(↑)この作品は2019年2月に管理人よっしーがFANZAで購入したものです。えげつないパケ写でしょ笑。きっと多くの男性がこのパッケージにやられて購入されたんじゃないかと思います。

もうすぐ還暦なのに美魔女っぷりがすごい音羽文子

音羽文子さんは、2017年「初撮り五十路妻ドキュメント」でデビュー。デビュー当時で57歳という遅咲きのAV女優さんです。この時の彼女のインタビューでは、元国際線のキャビンアテンダントで、夫は事業家という、お金に不自由しないセレブな奥さん。子供は2人でもう大きいそうです。そしてAVに出演した動機は、旦那とのセックスレス…と語っています。

どこからどこまでが本当なのかわかりませんが(笑)、唯一わかっているのでは、彼女は金を稼ぐためにアダルトビデオに出演したということ。2018年~2019年にかけては精力的に活動しており、90本近い総出演数の内、70本近くを2年でリリースしています。彼女は2022年現在、新作は発表しておらず事実上の引退をされているのだと思います。

これまでに多くの五十路の女優さんを観てきましたが、彼女ほど美魔女の形容が似合う女性はいませんね。まずスタイルが抜群。1960年生まれという完全に昭和世代で、こんなに頭の小さい女性は稀有ではないでしょうか。しかも身長は170cm。昭和35年生まれで、こんな高身長って素晴らしいと思います(ちなみに管理人よっしーは背の高い女が好きなので笑)

当然多くのAVの役どころは、主婦、人妻、母親、義母、叔母…のような役回りが多い。今回レビューする作品も母親と息子…という近親相姦ものであります。

息子の性奴隷にされてしまった母親

オープニングはキッチンで皿を洗っている音羽文子。「長い間の寂しさから、わたしは息子のタツヤと関係を持ってしまいました。しかし、夫の単身赴任が終わり、家族三人の生活が戻ったいま、息子との関係を終わらせなければならないと思っていた」というナレーションが入ります。

つまり、最初から近親相姦をしている親子という設定。そこに息子のタツヤがやってきて、お母さんのおっぱいを触り始める。その手を振り払ってダイニングで新聞を読んでいる夫に「あなた、お風呂に入ってきたら」と告げる妻。

場面が変わって和室で、寝床を作っている文子。そこにタツヤがやってくる。

「かあさん、なんで俺を避けるの?」
「関係ないよ、今までふたりでやってきたじゃないか」とか言いながら、文子に抱きつき濃厚なベロチューを仕掛けてくる息子。

「ああ、だめよ、だめよタツヤ」
「かあさんは、僕のちんぽが好きって言ってたじゃないか…」

「ああ、だめよ、だめぇーーー」と拒む母親。もう何百回と観てきたアダルト動画の鉄板の展開ですが、やはりお母さんが美人だとそそりますよね。

キスをして、乳を揉んで、脇の下の匂いを嗅いで、パンツの上からお母さんのオメコをいじくるタツヤ。無修正でないのが残念ですが、陰毛がボッサボサなのが良いですね。やっぱ熟女は素晴らしい。

まんこに指を突っ込んで、ぐちゃぐちゃにかき混ぜるタツヤ。「ああーーん、だめよーー、だめーーー」と言いながら盛大に潮を噴く文子。

「あーーーーーーーー!キィィイイーーーー!」とブレーキが壊れたような声をあげる文子がエロいです。最高っす。

「かあさん、僕のちんぽも舐めてよ」と170cmもある大女に跨って馬乗りフェラを要求する息子。こんな大きな美人の女を道具のように扱うのって最高ですよね。

顔の上に跨ってちんぽを顔に押し付ける息子。ちんぽ汁で美人の母親の顔を汚す息子。

「はあはあ、はあ」と喘ぎながら、母親の口で正常位のセックスをするようにピストンするタツヤ。「んぐ、あぐ、ぐぐ、んぐんぐ」とまるで人間オナホのように、口を使われまくっている。それに飽きると舌を数ベロチュー。さらに口ピストン。

久々のモザイク動画だけど、あまりモザイクのストレスを感じない。この息子役の男優もいい感じで熟女を陵辱しているのが素敵。「我慢できないよ」と母親を四つん這いにして犬の交尾。

DUGA

早くも最初の交尾で絶頂を迎える母親

「はあはあ、タツヤ気持ちいい…」とハスキーな声でよがる文子。

「あーー、オマンコ最高だ」
「ああああ、気持ちいいーー、タツヤー!」

バックで突かれると、乳房はもちろん、お腹の贅肉もたっぷんたぷん揺れるのが素晴らしい。音羽文子ってそういう意味でデブではないけど、かなりいい感じの熟女肉。抱き心地最高ですね。

抱き心地のよい熟女肉も、声を枯らしての喘ぎ声も、タツヤが求めるハメキスも、すべてが最高の熟女セックスです。

「ああーーー、タツヤのちんちんでいくぅーーー!」と早くも最初の絶頂を迎える母親。

タツヤがちんぽを抜くと、進んで肉棒にしゃぶりついてのお掃除フェラ。「かあさんは、やっぱ僕のちんこが好きなんだ…」「好きに決まっているじゃない」とタツヤのちんぽをしごきながらが、ベロチューをするふたり。

そのままタツヤに跨っての騎乗位。この騎乗位がえげつない。「ああーーーー、ああーーー!」と風呂場にいる夫に聞こえてしまいそうな叫び声。

「あー、きもちちいー、腰がうごいちゃうーーー!」

騎乗位でたぷんたぷん揺れる巨乳が素晴らしい。本当にいい体してますね。そのままタツヤがお母さんの腰に手を回しての対面座位も愛情たっぷり。本当に抱いてみたい人妻です。

そして正常位。もうね、本当に求めあっている、愛し合っている男女のセックス。息子のタツヤの両肩に手を回してしがみつき、タツヤもガッチガチのちんぽを母親の膣肉でしごきまくる。ピストンしまくりの濃厚なセックス。

DUGA

高身長な女を抱く楽しみがありますね

「あ、あ、あーーーーーーーーーーー!」
ずっと金属的な声をあげて叫んでいる文子。

さらに文子を横に倒しての挿入。背の高い女を自由に犯しまくる快感。

「あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」
「ああああああああああああーーーーーー!!!!」

思い切りつきまくって、母親を四つん這いにしての手マン。ここでも盛大に潮を撒きまくるお母さん。どんだけえげつない母親なんでしょうか。

そこから立ちバックでハメまくる息子。170cmの巨大女をちんぽでいいなりにする。

「あーー、すごいーーーー!」
「すごい? 誰とくらべて凄いの?」
「ああーーーーーーーーー!」
「親父にこんなことできる?」
と激しくピストンで母親を絶頂に導く息子。

「あああーーーーー!」髪の毛を振り乱し、息子の肉人形と化していく美人で優しい母親。

再び布団に寝かしてマンコを舌で掃除して再びハメ。

「あーーー、すごいーーーー!」

「あーーーー、いっちゃううううううううううううう!」

「タツヤ!いっぱい出して!いっぱい」
「ああ、だめだ!」
「タツヤ!!!出してーーー!」
とだいしゅきホールドで息子をロックする文子。

「かあさん、いくよ!!」と母親の膣の中に精液をどくどく送り込む息子。その息子の精液をだいしゅきホールドでロックして、膣奥の精液の感触を楽しむ文子。

「終わりだなんて…言わないでね」と母親にしがみつく息子。

DUGA

セックスシーン以外も魅力が満載です

いやー、すさまじいセックスシーンでした。すごく長丁場で大満足。これをみながら管理人よっしーはちんぽしごいていたんですが、途中で何度か射精しそうになってしまいましたから。

そして夜中に水を飲みにきて、そのままオナニーをする淫乱母。

翌日、ダイニングで食事をする家族三人。旦那と向かい合わせに座る親子。その息子は父親の目を盗んでは、母親のマンコを触っては母親に叱られている。

このシーンも近親相姦ものでは、ありがちな場面ですが音羽文子の普段着っぽい姿が萌えます。表情もいいですね。

夫(父親)の目を盗んで母親を抱きしめてディープキス。なんて幸福な息子なんでしょうか?

場面が変わって母親をベッドに押し倒すタツヤ。またしても濃厚なディープキス。美人のお母さんに唾を飲まし、母親の濃厚な唾液を飲む。

「タツヤ、だめよ、こういうことはしてはいけないの」
「かあさんは僕のチンポを忘れられるの?」
「僕はかあさんが忘れられないよ」

またしてもディープキス。そして大きなおっぱいに吸い付くタツヤ。「タツヤ、もうこれで最後だからね…」「いやだ、これで終わりなんていやだ!」

かあさんの腹肉の感触を楽しみ、パンツの中に手を突っ込むタツヤ。いやいやいや…本当にこの息子役の男優は素晴らしい。素晴らしい連続攻撃。

「ほら、ここはこんなに濡れている、やっぱり僕のことを忘れられない証拠じゃないか!」とマンコを全開にする息子。音羽文子のきったないマンコ。そしてモザイク越しにも膣肉がぽっかりと穴が空いているのがわかる。えげつないブラックホールマンコ。

DUGA

またしても潮吹きまくりのかあさん

「あーーん、きもちいいーーー」
「かあさんの気持ちいいところは僕だけが知っているんだ」
とオメコをかき混ぜるタツヤ。

「あーーーーーーー!!タツヤーーー!」とまたしても盛大に潮を吹くかあさん。

「最後なんていやだよー!」
「これで最後よ、わかってね」
とチンポをしごいてぱっくり咥え込むかあさん。

「あーん、んぐ、んご、んぐぐ」

「ああ、美味しい…」と濃厚なフェラチオをしてくれるかあさん。さらに勃起したちんぽをしごきながら、濃厚なベロチューをくれる。最高だ。最高のお母さんです。こんな風にされてみたいです。

えげつないちんぐり返しフェラ

ちんぽをしごかれながらの、唾液たっぷりのベロチューって最高っすよね。

「ああ…」と何度もちんぽをしごき、なんども舐め回すお母さん。

両足をあげさせてのちんぐり返し。そのまま息子の肛門に舌を尖らせて、うんちの出る穴を丁寧に舐めるおかあさん。絶対に気持ちいい。

さらにちんぐり返しのまま、体制を変えて自分のマンコを息子の顔面に押し付けてのガンキ。えげつない。えげつないぞ文子。

さらにガンキのままフェラチオ。タツヤもえげつない音を立ててオメコを吸いまくる。「あーーー、あーーーーー!!」と悲鳴をあげながら、クンニに酔いしれる淫乱母。

えげつないでしょ。えげつないです。まじでこんな風にしてほしいという、夢のような展開。

「挿れるわよ」と息子のチンポを握って膣に押し込む母。えげつない淫乱母。

「あーーーーん、気持ちいいーーーー」と息子の両足を持ってピストンで狂ったように叫ぶ文子。管理人よっしーは、この場面で2回目の射精をしそうになってしまいました(笑)。

「あーーーー、すごいーーー、かあさんイクーーーーー!」
たぷたぷ揺れる乳房、たぷたぷ揺れる熟女の腹肉。

音羽文子のハスキーな絶叫。そして抜群のテクニックの男優。この動画をみてチンポをしごいているみなさんは、どこで射精しても公開しない。そんなエロ動画です。まじで。

このあたりの音羽文子のセックスをみてもらえればわかりますが、目が飛んでます。本気のセックスです。還暦前の熟女がこんなセックスで意識が飛んでしまうシーンを観れるだけで、お金払う価値がありますよ。まじで。

(↑)このあたりの文子は完全に眼がイっていて、セックス狂いのメスになってしまっています。

わかりますよね。本気でセックスしている男女。ここに年齢差はない。本当にセックスに溺れる男女。どこでもオナニー終了できる最高のエロ動画。

DUGA

狂ったように騎乗位で腰を振るお母さん

もうね、狂ったようにセックスしまくるふたりなんですが、文子が騎乗位になってからは、本気セックスのクライマックスです。まじ、すごい。

途中から文子が髪の毛を束ねていたゴム(かな?)を解いての気が狂ったような騎乗位はすごすぎる。本当に快楽に酔い痴れているひとりの五十路の女がそこにいます。

ここでの騎乗位は、エロ動画史上最強かも、息子のTシャツを掴んでピストンしまくる。「騎乗位」というのが馬の上に乗っている状態を指したように、Tシャツを掴んで、本能のままに動いているお母さん。

そしてチンポが抜けると、放物線を描く放尿。失禁。潮吹き。なんでもいいです。演技じゃない痴態がここにある。

「タツヤ、もう出していいのよ」
「いやだ、出すと終わっちゃう、まだまだセックスしたいんだ」

アダルト動画史上歴史に残るえげつない体位

ここからの騎乗位がえげつない。ちんぐり返しでの種付けセックス。じっさい還暦前のババアが孕むわけないのだが「種付プレス」という言葉がそのまま似合う体位。こんなセックス、皆さんもしたいですよね。

「はやく出して、タツヤー!!」
「いやだ、まだまだ、セックスするんだー」
「出しなさい、はやく出しなさい!!!」

「ぐあ!!!かあさん!」
「タツヤーーーー!」

最後の射精をしたタツヤ。満足そうな文子。しかし…またしても中出ししたまんこに肉棒を突っ込んでくる息子。

「かあさん、まだまだ、まだするよ」
「あああ、タツヤ…」

このままエンドレスなセックスを続ける親子。これは最高の近親相姦セックス動画だと思います。皆さんもぜひご覧ください。

スペック

音羽文子のアダルト動画

本文にも書いていますが、音羽文子には膨大な出演作があり、FANZAだけでも207作品が登録されています(VAや企画作品を含む)。今回はその中から管理人よっしーの個人的なオススメ作品をいくつか紹介します。

  • 初撮り五十路妻ドキュメント
    ※2017年の音羽文子のデビュー作。元・国際線キャビンアテンダントの、知性と品格溢れるエレガントな美人奥様。一男一女を儲け、ご主人は世界を舞台にビジネス展開を図る企業家というキャッチコピー
  • 近親相姦 口吸い母~いちど吸ったら離さない!!情熱ねっとりベロキス交尾
    ※今回の作品レビューをご覧になってもお分かりですが、彼女の濃厚なベロチューはデビュー当時からの売りでしたね。唾液の匂いがこちらまでしてきそうな作品。
  • 嫁の母 音羽文子送り続けたラブコール!遂にマドンナ専属決定
    ※2018年6月。これまでのセンタービレッジから名門レーベル「マドンナ」に移籍した第1作。ますます人妻・母親ものの作品が増えていきます。いやー、それにしてもパケ写は可愛い。とても還暦前のババアには見えません。
  • 背徳の剃毛 パイパン快楽に堕ちた私
    ※パイパンのAV女優は苦手な管理人よっしーですが、剛毛なマン毛を剃毛するのは好き(笑)。特に彼女はヘソ下から恥丘にかけて広大な面積のマン毛があり、まるでゴルフコースのようです。これを剃ってみたいと思うのは、みなさん同じ想いですよね。
  • 初アナル解禁!音羽文子の肛門処女を奪うアナル開発ドキュメント
    ※デビューから3年目でアナル解禁。人生56年間、一度もした事のない初アナルSEX。さらにマンコと尻穴を同時に犯される2穴姦でお漏らししながら大絶頂…って観るしかないですね。
  • 自らSM志願してきた五十路の熟女
    ※じつはこの作品、管理人よっしーは購入済みです。初のSM作品なのですが、監督が櫻井ちんたろう氏で、本気の攻めが素晴らしいです。個人的には本気のビンタが萌えでした。まさにドキュメントという感じで、演技なしの音羽文子が最高でした。

  • 追ピス!潮吹き肉便器 上品なマダムをハメ潮噴射で大洪水!
    ※後年の音羽文子の作品は「セレブの友」からのリリースが多く、そのせいでアナル、SM、黒人などのハードなものが増えていくのですが、ついには「ドグマ」レーベルにも出演。小便まみれのファックはもちろん飲尿までやらされてしまいます。初期の頃の上品な奥様のイメージはもうどこにもありません。
  • 館の女主人がオトコノ娘家政婦を雇って自分好みのご奉仕メイドに教育する
    ※セレブの友の最後の作品は、なんとニューハーフが相手。チンポありのニューハーフをフェラしたり、ペニバンでオトコノ娘をファックしたり、最後はニューハーフのちんぽをオメコに挿入されて、中出しされてしまいます。
  • 感じすぎていっぱいおもらしごめんなさい
    ※噴水のような潮吹きも彼女の魅力。おそらくAV史上天井まで届くような小便を吹いたのは紫彩乃が最初かと思うのですが、その後森下夕子などの熟女に受け継がれ、音羽文子で完成形になったのではないかと思っています。

FANZAのJUKUJO99シリーズにも登場

FANZAのJUKUJO99というレーベルをご存知ですか。その名前の通り99円の動画です。すごくないですか。10本購入しても999円ですよ(笑)。これはもともと1本の動画を見せ場ごとに短く区切った動画のようです。その中に音羽文子さんの作品も含まれております。

値段が安価だから内容の方が心配…と思われる方も多いでしょう。しかし予告編を観た限り普通のアダルト動画です。なにしろ安いので管理人よっしーとしては、近日中に購入してみようと思っています。また、それもレポートしますのでしばらくお待ちください。

オススメの五十路レビューのご案内

今回の音羽文子さんと同じ五十路の女性のレビュー記事を集めてしました。同じ五十路の女性でも、こうして並べてみるとずいぶん印象が違いますね。彼女たちは中学・高校時代では同年代。その頃はそれぞれの女子に大きな違いはないですよね。でも、その後は進学したり、就職したり、結婚したり、男に騙されたり、男を騙したり、出産したり、親が死んだり…とか色々あるわけです。
そうと考えると人生は長いです。そして結果としてこんなに変わってしまうのですよ。なんせ50年以上生きているのですから、それぞれに個性があって当たり前。それが熟女無修正動画の魅力ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です