宮崎 佳代 47歳-2:人妻斬り / 淫乱マダムが狂ったようなセックスを魅せる

Twitterをはじめました。ぜひフォローやRTをお願いします。


普段の状態でエロエロの淫乱マダム

今回は「過去の名作」から2009年の公開。この「宮崎佳代」さんの作品は「人妻斬り」に2作品が公開されていますが、わたしは2本目のこちらの方が好きなので、今回再レビューさせていただきますね。

いつもの部屋でインタビューを受ける宮崎佳代さん。監督が「こんにちわ」と言うと、「こんにちわぁん」と鼻に抜ける声で返答されます。なんか、最初の第一声だけでやられそうですね(笑)

丁寧に化粧されたマダム顔。というかクラブホステスかママさんのようです。髪の毛もセミロングの巻き巻きヘアで、胸元が大きくV字にカットされたワンピース。

監督との会話でも、若さの秘訣は「若いおちんちんと遊ぶこと」とか「旦那との性生活では足りなーい」なんて甘えた声で話しをしてくれます。もう普通の状態から、淫乱でエロエロの奥さんなのです。そして完全熟女、そして痴女(笑)。

どうも、インタビューしている声がモンゴルのようなのですが、今回はハメ師として登場せずに(カメラマン?監督?)「今回は可愛い坊やを用意させていただきました」と言って、若くて痩せた男が登場して、佳代さんの横に座ります。

ママに買ってもらった白いブリーフ

「いやーだー」と佳代さんが笑っている。男はBVDのブリーフを履いている。しかも白(笑)

「いやーだ、こんなの履いているなんて」
「ママに買ってもらったの?」

なんて嬉しそうに男の股間をブリーフの上から触っている。誰だってこんなエロエロな熟女マダムにちんぽこ触られたら勃起するに決まっている。

佳代さんはブリーフの横から半分勃起したチンポを取り出して握っている。その手つきがなんとも、いやらしい。

「エッチねー、もぉー」とずっと肉棒を握って、やさしくしごいて「どうしようかなー、でもこのままにしておこうーっと」とチンポをブリーフにしまう。

「じゃ。脱がせて」と男に服を脱がさせる。黒いワンピースの下にある花柄の衣装は、シャツではなくキャミソール。こんな格好で外を歩いているのかと思うと鼻血がでそうになる(笑)

なんとなく、男に服を脱がせてもらってうっとりするマダム。派手な薔薇のプリントのキャミソールと、お揃いのパンティ。そして網タイツ

その格好のまま「舐めちゃうよ」と男に寄り添い、白いブリーフにテントを張っているチンポを触りながら、男の乳首を舌で舐め回す。それにしても、この白いブリーフ。どこまでも卑猥でよい。

ガチガチに勃起してきたちんぽを、またブリーフの横から出して、しごいて舐める。エロい厚化粧の女が若いチンポを美味しそうに舐めるのは、かなり興奮する。

オモチャ大好きな淫乱マダム

勃起したチンポを口でしごき、美味しそうに舐める佳代。そのまま床に寝かせてピンクローターを使って男を刺激する。まったく立場が逆の痴女プレイ

ローターをぶら下げて乳首を撫で回し、さらに白いブリーフからはみ出しているチンポにローターを当てる。「どこが気持ちいいのか言ってごらん?」と竿から亀頭を刺激。さらには電マを取り出してくる。

さすがに刺激が強いのか「ああっ!」と喘ぎ声をあげる若い男。それでも電マに刺激されて男の乳首は勃起している。

「ほーら、気持ちいい?」
「気持ちいいっス」と喘ぐ男。

さらに、電マをキンタマと肉棒に当てる。「もっと感じて!」「あ、すごいっス」「すごいっス」「やばいっス」と声をあげる若い男。

こんどは、あたしのことやってごらんと、電マを男に渡して「こうするのよ、こうよ」とガンガン男をリードして「ああーん」と声をあげる。

頭を股間に押し付ける満足クンニ

調子に乗った男が、パンティを脱がしてマンコに電マを押し付けてくるので、「ダメ、そんなにやっちゃ!」とわがままなマダム。

「もう、こうしちゃうよ!」と白いブリーフを脱がして、網タイツの足での足コキ。

そして股間を大開きにして、クンニをさせるマダム。

「あ、もっと」
「もっとよ、もっとちゃんとして」
「そこにベロ入れてごらん!」

と注文の多いマダム。男の頭を抱えて股間に押し付けて、気持ち良さそうに喘ぐ。

「こんどはオモチャ入れてみる?」
「ちゃんと、やるのよ」
「もっとちゃんと入れるのよ、奥まで」
「さぼってないで、ここも舐めて」

と命令しつつ、バイブをマンコに突っ込んで乳首を舐めさせている。命令されるのが大好きなエム男にはたまらないシーン。熟女王様は、ちゃんと男を可愛がって、たくさん話しかけて、たくさん命令している。たまりませんね。

変態男のちんぽを網タイツで踏む

バイブで満足したのか「あっち行こうか」とベッドに誘うマダム。

「ここに寝て」
「ちゃんと寝てちょうだい」

と男を仰向けにして「いっぱいイイコトしてあげる」とチンポにしゃぶりつき、濃厚なフェラチオをする。時々見せるカメラ目線に、本当に佳代さんに可愛がってもらっているような気分になる。

とにかく舌を伸ばしベロベロ舐めるのが嬉しそう。さらにキンタマも舐めまわし、タマをまるごと口の中に含んでしまう。なんてやらしいキンタマ舐め。

さらには網タイツでチンポを踏みつけるマダム。

「あ、気持ちいいっス」
変態じゃないの、こんなことされて気持ちいいなんて」

と肉棒を踏みつけ、さらには両足で足コキをしてくれるマダム。

さらには男を電マ攻め。そしてまたしても電マで気持ちよくなるマダム。さらにはバイブと、どこまでも貪欲で淫乱な熟女マダム。

あー、もっと奥まで挿れてー!

最後は膣にバイブをグリグリと突っ込まれて、男にクリトリスを舐められての贅沢な昇天。

「もう、挿れたいんですけど」
「いいわよ、上手に舐めてくれたから」と若い男の肉棒を受け入れるマダム。

若さに任せて、挿入するとすぐに腰を前後にピストンする男。

「ああーっん、すごーい」
「あー、もっと奥まで挿れてー!」

とセックスしても注文の多いマダム。男がぐいぐい突くと「あー、きーー」っと叫び声のような声をあげる淫乱な奥さま。

決して巨乳ではないが、チンポを押し込むたびにユサユサと揺れる乳房がよい。同じくぶるぶる揺れる熟女の二段腹。むっちりと肉のついたメス豚をぐいぐいペニスでお仕置きする男。

こんどは肉棒を手にして、騎乗位でチンポを膣に押し込むマダム。ゆっくりと腰を回してセックスの主導権を握っている。男が下から突き上げようとすると「あーん、ダメ動いちゃ」と窘めて、ゆっくりと腰を使う。

さらに、前かがみになって今度は奥まで挿入しての激しい騎乗位。マダムの長い髪がバサバサと揺れてセクシー。

本当に「騎乗位」とはよく言ったもので、まるで乗馬をしているように腰を前後に揺すって、膣で肉棒を締め付けてくる。この女の騎乗位は本当に芸術の域なのかもしれない(笑)

きっと何百回、何千回、もしかして何万回もセックスしてきた熟女。腰の使い方が素晴らしい。揺れる髪と揺れる乳房と揺れる下腹の肉。

「あーー!あぁぁーん」と大きく叫び狂ったように腰を使う。チンポを抜ける寸前まで高い位置にあげて、そのまま下に落とす。男はチンポ全体を膣肉で包み込まれてなんともいえない刺激だ。管理人よっしーが大好きな騎乗位。

中でぐりぐりかき混ぜてー!

「こんどはこっち、ここから挿れて」と四つん這いになって、尻を大きく掲げて汚らしいマンコを見せつける。

その肉壺に遠慮なくペニスを突き刺して、パンパン高速で突いてやると、「あーー!」と嬉しそうな佳代。

「中でぐりぐりかき混ぜて」
「ぐちょぐちょにしてーー」

と犬のように犯されながらも男に注文をつける女。

言われるままにグリグリ回して、バンバン突いてやると「あーー、だめーーー!いくーー!」と軽く絶頂を迎える。

それでも構わずに、肉棒をブタ女の肉に突っ込んで自分勝手にピストンすると「あーー、いやー!」と叫び声をあげる。

中でいっぱい出してちょうだい!

ブタ女を仰向けにして、片足を上げて松葉崩し的な体位で、奥までチンポをぶち込んでやった。

「あー、それ、すごーーい、あたるーー」と狂ったように叫び、男のされるがままにブタの肉で男を満足させている。

それでも男はピストンを止めずに突き続ける。汚いマンコに若い男の硬いチンポが突き刺さっているのがズームアップされる。

「あーー、すごーい」
「あ、そろそろ逝きそうです」
「あー! 逝って!イって!」
「中で!中でいっぱい出してちょうだい!」

と若い男の精液をおねだりするマダム。

「中で出して!」
「出して! 出してーーー!」
「あっ!ふっ!」

と男が淫乱ブタ女の膣に精液をぶちまける。

男は、射精後も、ぐっと腰を押し入れて子宮の奥まで精子を送り込んでいる。女は「はぁぁあ…」っと男の精液の感触を楽しんでいる。

宮崎佳代の別作品レビューのご案内

オススメのアラフィフ熟女レビューのご紹介

このサイトでは今回の奥様と同じような年代、すなわち47歳48歳49歳50歳、そして五十路以上の女性も多く記事を書いております。併せてお読みくださり、お気に入りの奥さんを見つけてください。

無修正動画は、最もコスパがよい…って知ってますか?

誰もが観たいモザイクなしの無修正動画。その無修正動画を無料で観れると謳っているアダルトサイトは、クリック詐欺の危険性が大きいです。実際にわたしも、普通にクリックしただけで「35万円を請求します!」…なんてアナウンスが出てびびりました(笑)。安全で安心な手続きをするには、動画サイトに入会することです。会員になれば、期間内はダウンロードして、皆さんのパソコンやスマホに動画を保存でき、それは永遠にあなたの所有物です。

例えば、この作品の配信プロバイダ「人妻斬り」の場合は、1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・6ヶ月の4種類のコースがあり、最短のコースの場合の会費は$48 です(1ドル=110円換算で5,300円)。この金額で30日の期間、1日3GBまでダウンロードできます。つまり1本あたり1000MB以内であれば、1日3本。30日で90本の無修正動画が手に入ります。もちろんコース期間が長いほど、1日のダウンロード容量が増えますので、1本あたり最大10円以下というのは、実現可能なのです。詳しくは「無修正サイトの入会方法」ご覧ください。

ちなみに、以下はプランごとの特徴になります。参考にしてください。

入会プラン料金容量制限ゴールド動画数プラチナ動画数
30日48ドル3GB不可不可
60日89ドル3GB不可不可
90日(ゴールド)128ドル5GB143本94本
180日(プラチナ)240ドル8GB143本94本

スペック

配信サイト:人妻斬り
タイトル:宮崎 佳代 47歳
名前:宮崎佳代
年齢:47歳
3サイズ:83/60/86
身長:153cm
タイプ:熟女 豊満
再生時間:00:56:22
公開日:2009年01月27日

動画ダウンロードはこちらから

色っぽい雰囲気の人妻が再び男の前に現れた。生贄の如く若くて元気な男を人妻に差し出すと喜びを隠せない人妻…若い男の気持ちを弄ぶかのように下着の上から触る人妻。ローターを手に取り肉棒を責めると男は我慢できずに声が洩れる…バイブを肉壷に入れながら人妻の雌しべを美味しそうに舐める男。気持ち良くしてくれたお礼に肉棒を誘い入れる人妻…男の上に跨り激しく上下に乱れまくる人妻。激しく突かれ人妻の喘ぎ声が部屋に響き渡る。男の腰使いが加速度を増していき濃い精子を肉壷へと奉納した。(ダウンロードページから引用)

宮崎佳代さんについて

宮崎佳代さん名義の無修正動画作品は「人妻斬り」だけでのようです。メジャー動画では中島小夜さんと中井千絵名義で作品が公開されています。中井千絵さんではAmazonでエロい写真集も販売しています・

この作品は「HEY動画見放題プラン」でも試聴できます。入会されると、12 .49ドルで30日間動画が見放題です。

動画ファイルをダウンロードして所有したい場合は、それぞれの作品を単品で購入できるプランもありますので併せて活用されるとよいでしょう。

宮崎佳代のフォトギャラリー

このサイトでは、配信プロバイダで公開されている写真(入会しなければ閲覧できません)の一部を掲載しています。人妻斬りに掲載されている写真は、もちろん全部無修正でオマンコも、オメコにちんぽが入っているところも、ばっちり丸見えです。今回の宮崎佳代は107枚の写真が公開されています。また、他のページで写真を掲載しているページは、フォトギャラリーのタグから手繰ってください。ちなみに下の画像はクリックで大きなサイズで閲覧できます。

4 件のコメント

  • はじめまして、素晴らしいサイトですね。これまで丁寧に作ってあるエロサイトは
    初めて見ました。一発でファンになってしまいました。

    全部の記事を読破することが楽しみです。頑張ってください

  • ありがとうございます。そう言っていただけると励みになります。
    最近は原点に帰って、記事をなんども書き直したり、追記したりもしています。
    みなさんに楽しんでいただけたらと思います。
    これからもよろしく御願いします

  • こんにちは、よっしーさん。
    まだまだ暑い日が続きますねぇ。
    夏バテならぬ秋バテしてしまいそうですが、きっちり栄養と静養を取って、漲るパワーはオナニーで消費しましょうw
    さて、この「宮崎佳代」さん、エロエロな熟痴女マダムで大好きなんですよねぇ。
    若い頃、というか初めての相手、童貞を捧げる(獲られる?)相手がこんなエロ熟痴女だったら、その後のセックスの嗜好が今とは違うモノになってしまうと思いますが、よっしーさんもそう思いませんか?
    でも、残念ながら(?)そんな脱童では無かったけれど、こういう方が大好きですw
    今の私を弄って遊んで欲しい・・・
    台風も多い季節となり天気の変わりが目まぐるしいものとなっておりますが、お身体にはお気をつけ下さり、尚より一層の素晴らしい記事を楽しませて下さい。

  • こんにちわセバスさん。
    確かに若い頃に厚化粧のエロババアに跨がって腰を振られると、人生変わるかもですね。
    つか、白状するとわたし、そんな経験が大學の頃にありました。
    バンド仲間の友人が、いわゆる男娼ってやつで、ババアに体売ってギターを買っていたような奴なんですが、そいつに「俺のババアの友達が男を紹介してくれ」と言われて一回だけ身体売りました。当時は大学生なので熟女好きではなく(残念ですが)、香水とマン臭がすごくて気持ち悪かったので、一回だけでした。つかわたしが、嫌そうな態度だったので、次から声がかからなくなったんですね(爆)。

    その頃は童貞ではなく、大學の中ではヤリチンでしたが、さすがにエロババアは厳しかったなー。でも、その体験はいま思い出してみると、ちょっと興奮します笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。