澄川綾子 55歳・ごっくんする人妻たち/精子の入ってないコーヒーなんて

ザーメン好きな熟女を募集しました

「本日はザーメン好きな女性をお呼びいたしました」などと言ってますが、そんな女性って少ないし、公言もしないっすよね。「ザーメンが好きになった理由はなんですか」
「好きな彼に『飲んで』って言われて、そこから飲むようになりました」とか言ってます。

この澄川綾子さんは、そこそこキャリアのあるAV女優さん(ページの下部にモザイクありのメジャー動画へのリンクを貼っています)。で、このパコパコママの作品では44歳と表示されているのですが、モザイクありの作品では55歳になっております。なんでサバ読んでいるのか分かりませんけど、ここでは五十路の熟女ということで見ていきます。

今日は綾子さんのために男性に精液をご用意しますね…などと言われて、綾子の横でチンポをしごく汁男。手触りや味も確かめましょうよ…ということで手コキフェラをする綾子。

しかしまあ、ちゃんと服を着た女性の横でセンズリするって、なかなかシュール(笑)。

「では、喉が渇いているでしょうから、アイスコーヒーを用意しますね」と珈琲を飲みながらセンズリを鑑賞する五十路の奥様。

もちろん、みなさんの予想通りにアイスコーヒーの中に精液を発射

「コーヒーフレッシュ代わりに飲んじゃいましょうね」…とザーメンを飲まされる綾子。ちなみにこの作品のシリーズ「ごっくんする人妻たち」は現在70作品も公開されていて、これは記念すべき第1作目なんです。

ソファに移動して綾子のボディチェック

最初のザーメンを飲んだあとは、ソファのある部屋に移動。この綾子さん、最初からすごいカマトトぶっていて、反応が薄いというか、恥じらっているというか、全然積極的じゃないのです。それがいいんですけどね。

「さて、服を脱いで」「下着を脱いで」と言われて、「ダメです。できません」と拒否する綾子。

もちろん、そんなことはお構い無しに下着姿にさせて、ブラまで剥ぎ取る男。

あ、いや、ダメ」
「でも乳首勃っているじゃないですか」
「いやー、だめーー、だめよーー」

パンティの上からマンコを触る男。

「あ、いやーー、だめーー」
「ダメだったらぁーー、ダメなのーー」
「お願いだから…恥ずかしいからやめてーー」

パンティをずらすと、ものすごい剛毛陰毛がびっしり生えているのがわかる。

「もう取っちゃいましょう」とパンツを脱がされると、ものすごい剛毛で、大陰唇まで剛毛びっしり。さらに大量の白髪陰毛と、大きなビラビラの汚いマンコ。これぞ五十路熟女の魅力。

チンポをしゃぶながらオナニーする五十路熟女

それじゃ、ここまで気持ちよくなってきたんだから、オナニーしてもらいましょう。…とソファの上でM字開脚させられ、顔の横のチンポが来ると、オナニーする前にチンポを口に含む。まるで条件反射。パブロフの犬(笑)。

そして、オナニーしているマンコなのですが、白髪陰毛もさることながら、膣肉が貝のベロのように溢れているのですよ。えげつないマンコの持ち主です。

男は、熟女の口をマンコに挿入するようにピストン。もう好き勝手に口を犯している。

そのままソファを降りて仁王立ちフェラ。ノーハンドのフェラチオが素晴らしい。

「あ、いく…」と男がつぶやいて、そのまま澄子の口の中に咥内射精。たっぷりザーメンを飲ませます。いいですね、ザーメン飲む女。最高です。

さらにローター・バイブ・電マで昇天

「今度はオモチャを使ってみましょう」
「いやー、だめー」
「どうしてダメなんですか」
「だって、変になっちゃうーー」

「あーん。ダメーー、だめだめー、やめてー
「本当にダメだったらぁーー」

ローターで逝きまくったマンコに指を二本突っ込んで、L字に曲げてGスポットをガシガシ刺激する。すぐにクチャクチャと音を立てて、潮を吹く熟女。

「あーーん、だめだめーー、だめだったらー」
「いやーん、またイクぅうーー」
「あーん。恥ずかしいー

大量に潮吹きをする綾子。小便と白濁した本気汁でソファがべっとり濡れている。

さらに、太いバイブをオメコに突っ込み、電マでクリトリスを刺激。加えて綾子の顔の上に跨って、チンポを口の中に突っ込んでイマラチオさせてやる。

相変わらず、綾子は「ダメ」「いや」「やめて」を繰り返している、こんなに経験豊富な熟女が、まるで処女のように嫌がっているのが、興奮です。

「んぐあー、らめー、へんになりゅー(ダメ、変になる)」と言われても、お構い無しに口にチンポを突っ込む男。この攻めのシーンは、この動画のハイライトかもしれないっす。

バイブと電マ攻めが終わっても、ずっと綾子の口を犯す男。チンポを引き抜いて
「ほら、いくよ、舌出して」と射精寸前の肉棒を綾子の舌の上に乗せて、そのまま濃厚な精液をどろっと舌上射精

その精液を味わって飲み込む綾子。
「また飲まされましたねー」

さあ、お待ちかねのセックスの時間です

次はベッドに横になる綾子。その顔の上にチンポを持ってきて、また口に突っ込む。この男どもは綾子の口を精液処理の場所だと思っているようだ。容赦無くフェラチオをさせるのがすごくよい。

その後、二本のチンポをWフェラさせられて、勃起した肉棒を綾子の汚いマンコに突っ込む。もちろんゴムなど付けずに生チンポ挿入だ。

綾子の汚いマンコに、ガッチガチのペニスが出し入れされているのはエロい。まさにこれこそが無修正動画の真骨頂

セックスは正常位→騎乗位→背後位と続く。綾子のタルんだ体が突かれる度に揺れるのが熟女ファックの魅力。

最後は正常位。男は見ず知らずの熟女の膣の中に精液を放出するために激しいピストン

「ああーん、ああーー」と切ない声をあげて年下の男のペニスを味わう五十路のばばあ。

さっきのWフェラをしてもらっている男たちは、交互に綾子のマンコを犯しているようだ。

「さあ、そろそろザーメンが欲しいんじゃないですか」
「ほしい、ほしいぃいいーー」
「じゃ、舌を出して」…とそのまま綾子に顔射

もう一人の男も、激しくピストン。

「あーん、いっちゃうー、いっちゃうー」
「あーーん、あん、あん!」

「ああ、あ!うっ!」

ドピュ!

スペック

粘りもなければ匂いも薄い精子にはうんざりしている人妻たちがドロッとネバネバの糸を引き生臭い精子を美味そうに飲み干す「ごっくんする人妻たち」の1発目、強烈な人妻の登場です。男も精子も大好きと言う夫からは構ってもらえない綾子さん、この人に関しては当てはまる言葉は一切なし。アナタの目でどこが強烈なのか確かめてください。

澄川綾子の無修正動画