雨音わかな・お前のカミさんやらせろ:一本道

一本道とパコパコママから配信中

これまでもパコパコママの掲載作品は、同じDRPグループ(カリビアンコム一本道HEYZO)で公開されていた熟女系の動画を提携することが多いようですね。このあたり昔のようにパコパコママ完全オリジナルが少なくなっていることは少し寂しいですが、他のプロバイダでもよい作品が見れるのは、それはそれでよいかもしれないです。

今回のこの作品は、一本道がオリジナルのようですが、プロバイダによってタイトルが微妙に異なっている。なんか、それって無駄な抵抗のような気がするのけどね。

さて、この雨音わかなちゃん。今までは「熟女」のカテゴリーにしては可愛すぎると思っていて、ノーマークだったのですが、先日キャンペーンでパコパコママのサンプル動画を見て「お、けっこうイケてるじゃん」と思ってしまった次第。

雨音わかな…って、もと芸能人(アイドル?)で結婚引退して、その後離婚。バツイチになってAVデビューしたそうです。なので現在は41歳、この動画の段階で37歳らしく、カテゴリ的には微熟女って感じで、主婦の役…というか若奥さんの役が似合ってます。オープニングのイメージカットも可愛いですしね。

さて、物語は旦那の帰りをまっている雨音わかなのもとへ亭主から電話があって「遅くなる」とのこと。その後、べろべろに酔っ払った旦那が、わかなの昔の同僚と一緒に帰ってくる。玄関先で「あ、石田君?」とわかなが聞くと、ちょっとおどおどしている石田君なのであります。

もう時間も遅いから、泊まっていけよ、と酔いつぶれた亭主が言い「それよりおまえ、シャワーでも浴びてこいよ、汗臭いぞ」と言い放ったあとに、亭主は寝落ちするという夢のような展開(笑)。

浴室に先輩の嫁が全裸で入ってくる

というわけで、シャワーを浴びている石田君の外で着替えを用意したり、そわそわしているわかな。そして、ついに全裸で石田君の入っている浴室に侵入してしまいます。

「石田くーん」
「あ、なんで、ここに、ダメだよ」
「いいのよ、おもてなししてあげるね」
「そんな、部長が起きてきたら、どうするんだよ」

「大丈夫、あの人酔っ払って寝たら、朝まで起きないから」…などと言って石田君のチンポを洗い始めるわかな。すごいですね。まるで夢のようですね(笑)。さらに、この時のわかなさんの表情が、本当に恋人に再会した嬉しさを表現する笑顔が素敵すぎます。

「そういえば、石田君、あたしのおっぱいで挟むの好きだったよね」
「そ、そんな、やめてよ」
「いいじゃない、昔のようにしてあげるわ、石田君、あたしのおっぱい好きだったもんね」…などと言っております。つまりは、この二人は昔の同僚だけど、かつては付き合っていた恋人同士だったんですね。すごいですね。まさに夢のような展開。

石田君のちんぽをしゃぶりながら
「本当は石田君とこうしてたかっなー」などと嬉しいことを言う、昔の彼女。
「でも、部長…起きてこないかな」
「大丈夫、ずっと朝まであの調子なのよ。だから今日はゆっくり、夜をすごそうね」

もう、石田君も観念したのか、部長の奥さんにキスをして、さらにチンポを喉の奥まで押し込んでイラマチオをさせてしまうのです。

「げほ、げほ、苦しいよー」
「俺のチンポ、部長と比べてどう?」
「比べ物にならないわー」

とじゅぼじゅぼとフェラチオをする元カノ。

「う、ダメだー、わかな、イク!」…と部長の奥さんの口の中に精液を出してしまう石田くん。「いっぱい出たねー 久しぶりの石田君のザーメン美味しい」などと言う部長の奥さん。まあ、発射した精液が擬似っぽいですが、ここはひとつ、文句を言わずにドラマを楽しみましょう(笑)。

ベッドでオナニーを強要する元カレ

ふたりで夫婦の寝室に入り、そこで昔の彼女にオナニーを強要する元カレ。なんだか全体にドラマのテンポが悪く、若干ブツ切れになっているのが、気になりますが、雨音わかなが、かなり可愛いので許します。

本当は、元アイドルということで若干敬遠していたのですが、マン毛はボサボサで汚いし、びらびらも肉厚で、だらしない主婦の股間がよいです。おっぱいも少し垂れ気味で、なにより柔らかそう。さらに脇腹にも贅肉がしっかり乗っていて、いい感じの熟女感が出ています。このまま何年も熟女女優として頑張ってほしい雨音わかなさんです。

どうですか、この美乳と、ポッコリと大きなデカ乳首。もちろん天然で柔らかいし、何より脇から見ている贅肉の二段腹が最高ですね。

石田君に抱きしめられて、うっとりした表情のわかなも良い感じです。最初の頃と全然表情が変わってきていますし、喘ぎ声も、かなり本気っぽくて見ていてワクワクします。

「いつもいじってるの、ここ」
「だって物足りないんだもん あのひと全然物足りないの」
「だから、本当は石田君と結婚したかったー」

などと言いながら石田君がわかなの膣に二本指を挿入して掻き混ぜる。じょぼじょぼと潮を吹く部長の奥さん。その潮は、真っ黄色のどうみても小便。

じょぼじょぼと小便を漏らしたマンコを、丁寧に口で舐める石田君。なかなか愛のあるカラミです。

髪の毛が綺麗なのでシックスナインが萌えです

「ねえ、こんどはあれして、わたしのすきなアレ」とシックスナインをせがむわかな。石田君の上にまたがり、少し垂れた乳房を石田君のお腹に押し付けて、チンポコの匂いを満喫している。

いいですね。雨音わかなの丁寧に手入れされた髪の毛。髪フェチの管理人よっしーにはたまりません。柔らかくてずっと触っていたい。わかなは、マンコを舐められながら石田君のキンタマにしゃぶりつき、ペニスを頬張る。久々に見応えのあるシックスナイン。

「ねえ、早く挿れて」と挿入をせがむ元カノ。

石田君がずぶずぶと元カノのマンコに、ぎんぎんのペニスを挿入すると、自分からリズミカルに腰を前後に動かして、膣内で肉棒の感触を味わう奥さん。

石田君も、チンポをはめたまま、犬の交尾のように腰を振り、そのままハメキス

石田君も、もう全然遠慮しないで元カノの肉体を好きなように味わっている。わかなも石田君に好きなように弄ばれて、ベッドのなかを転がされている。この時の乱れ髪がなんともセクシー。

体を密着させての騎乗位。パンパン下から肉棒を突き上げる石田君。こんな風に女の腰に手を回して、まるでオナホのようにチンポをしごき、彼女の背中に手を回してマンコを使いまくるのが、男の身勝手なセックス感溢れていて、最高です。

このあたりから本気で愛のあるセックス

体を密着させた騎乗位から、わかなを横にずらして、グイグイとチンポをマンコに擦り付ける身勝手な騎乗位。このあたりから、ふたりが本気でセックスを楽しんでいるのが、どんどん伝わってくる。

さらに騎乗位でわかなを押し上げ、結合部分を見せつける。

「いやーん、こんなに大きいチンポが入ってるのー」のセリフが萌えます。

この対面座位もいいですね。愛し合ってる男女の営みが伝わります。いやはや、本当にいい感じの愛のあるセックス。見応えがあります。

石田君も、寝バックとか測位とか、いろんな体位で頑張るのですが、いかんせんカメラアングルが悪い。これさえよければ満点な動画だったんですけどね。

それでも本気で感じまくっている雨宮わかなは素晴らしい。こんな元カノがいたら、絶対に離したくないですよね。

気持ちよすぎて、もう旦那とできない…

「気持ちいい、気持ちいい、気持ちいいよー」
「俺も気持ちいいよ」
「すごい、相変わらず凄いー」
「何がすごいの?」…と意地悪な石田君。

「気持ちよすぎて、もう旦那とできないよー
「ダメだよ、そんなこと言っちゃ」
「だって、気持ちいいから」

「ねえ、たまにしよ。お願い。うちに遊びに来て お願い!

もう、夢のようなセックスですねー。最高です。

「あーん。気持ちいいーーー」
「旦那とできない」
「旦那とできない」

石田君のラストスパートも見てて伝わってくるので、いい感じにオナニーしている視聴者とのタイミングが合いそうです。はあはあ…と絶頂が近づいている。わかなは、ずっと狂ったように「旦那とできない、旦那とはもうできないよー」と連呼。

どぴゅ!

とうとう、部長の奥さんの膣の奥に、精液を流し込んでしまった石田君。

中出しされたわかなも、膣の中の精液をぐにょぐにょと楽しんでいます。

スペック

酔っぱらった夫を送ってきてくれたお礼に全身おもてなししてくれるヘンタイ雨音わかな! まずはお風呂でわかなちゃんもちゃっかり一緒に入って、美乳を使ってチンポをキレイに洗い、「ベッド早く行こう〜」と誘惑。 オマンコを弄くられれば豪快な潮吹きでシーツをぬらし、日頃の欲求不満を解消するべく自分で腰を振って快楽を追及! 夫だけじゃ我慢できない淫乱妻、ここでも発見〜!

雨音わかなの無修正動画