飛鳥:たるんたるんのシングルマザー

「実録ガチ面接」を二本まとめてレビュー

今回は「飛鳥(あすか)」主演の「ガチん娘・実録ガチ面接」の作品。おそらく撮影時間が長かったのでしょう、前編/後編の2本をまとめてレビューします。

前回「柚子 – 実録ガチ面接」のレビューで「ガチん娘」という配信プロバイダにハマってしまったことを書きましたが、もう一度簡単に説明すると…「ガチん娘」は現在の「エッチな4610」や「天然むすめ」のように比較的に若い世代の女性にフォーカスしたサイト。しかも本当の完全素人だけを扱っています。

ただ、は今年(2020年)の夏に突然配信を停止してサービスを打ち切り。同時にHEY動画での単品購入も中止となり、現在は作品をダウンロード購入する術がありません。ただし「HEY動画・月額見放題プラン」ではストリーミング配信は続いているので、そういう意味では貴重な作品。もちろんこれも、いつ中止になるかわかりませんので、早めに見ておくことをお勧めします。

1本目「無許可暴発中出し」

…というわけで「実録ガチ面接106」シリーズに出演した飛鳥ちゃん。実はバツイチで2人の子供がいるシングルマザーなのですが、まだ29歳。見た目の風貌からは「ちゃん」付けで呼ぶのがふさわしい。作品の解説では以下のように書かれています。

初めての撮影に緊張気味の”飛鳥サン”は極度の恥ずかしがり屋。ホテルにチェックインしてからもクッションを抱きしめて顔を隠すようにしながら自分の話をしてくれるのですが、その性に対する考え方はかなり奔放で、ナンパOKネットでの出会いOKと積み上げてきた経験人数は数え切れないほど。そんなドスケベ女神は一体どんな熟達性行を見せてくれるのか実に楽しみです。まずは個人的にディルドを所有する程のオナニープロである彼女のオナニーを見せてもらうと、ローターを使い始めて物の一分かからずに軽く絶頂。そんなのは序の口と言わんばかりに連続しての絶頂を見せつけてくれます。フェラでは更なる本領発揮。じっくりゆっくりとしたフェラテクは唯一無二の快感をチ○ポに与えます。ギンギンになったモノのやり場は当然マ○コの穴、そのままソファで激しいバトル。ベッドに移動して中出しNGのマ○コを責め立てていると、熟した穴が逆に責め立ててくるという名器に変貌。我慢出来ずに暴発気味で中出しをしてしまいます。しかし、そこはこちらもプロフェッショナル。上手く誤魔化して最後はオシッコまでオマケで撮影出来ちゃいました。正直な所、若い娘の体つきではありませんし、好みの分かれる作品でしょう。しかし、そんな事を通り越してより強烈なエロスを放つ彼女の本気のセックス、変わる表情や恥じらい等全てを含めて、紛うこと無き魅力あふれる名作です。

いつものように、外で待ち合わせをして車でピックアップ。そしてラブホテルで撮影というコース。もちろんハメ師は「ガチん娘」の主宰であるチム兄。

前半のインタビューでは、なにかと顔を隠し、クッションを抱っこして体を隠しているので、なんかそれダルイっす(怒)。そのせいで若い女なのか、可愛いのかブスなのか…あまりよくわからない。

そんなわけで、服を抜いでもらうが、そこからがすごい。ブラジャーが機能していないほどの巨乳で、しかもダルダルのぷよぷよの乳房。まるでスライムのようである。さらに乳だけでなく腹の肉もすごい。ゲゲゲの鬼太郎に出てくる「妖怪・百目」のようである。

さらに腹には痛々しい妊娠線。飛鳥の顔立ちは、いわゆる「デブ顔」ではないので、昔は痩せている…というほどではないにせよ、普通の体系だったのだろう…それが二人の子供の出産で、見事な「妖怪・百目」になってしまったのだろう。この続編の解説文に『20代のお顔に50代のたるんたるんボディ』と書かれていたが、まさしくそんな感じ。何をどうしたらこんな体型になるのか知りたいくらいだ。

そして、その『20代のお顔に50代のたるんたるんボディ』が最高にそそるのである。おそらく五十路好きのこのサイトの読者の方には、一度は見てみたい体型なのではないだろうか。

さらに飛鳥のマンコチェックがすごい。何もしていないのに、マンコを開くと膣穴が呼吸をするように動いているのだ。結論を先に書くと、この先の動画でなんども何度もマンコのどアップ映像を目にすることになる。その度に、ずっと膣内の肉球がぐにゅぐにゅ動いている。まるで生き物のように。

ねっとりしたフェラチオに萌え

指責めや玩具責めのあとのフェラチオ。じっくり時間をかけて舌で肉棒を丁寧に舐めているのをみていると、もしかすると彼女は風俗嬢の仕事をしているのではないだろうか…と勝手に思ってしまった。

バツイチで子供が二人いるシングルマザーで、ある程度遊んでいる感じに見える彼女だし。プロフィールにも「29歳・求職中」とあった。子供を育てていくのに、彼女にもっとも適した職業はデリヘル嬢だと思ってしまったのだ(勝手な想像だけど…)。

というわけで、フェラのあとはチム兄のルーティン。ソファでのファック。毎回、最初にちんぽをメリメリと挿入していくのは、ドキドキします。

不思議なのは、何度か挿入してピストンすると、一旦ペニスを抜いて、マンコをどアップで撮影していること。飛鳥の膣内の肉球が盛り上がってきていて、横にシワシワが目立ってきています。もうこれは、完全に数の子天井。かなりの名器なのではないでしょうか。

さらにちんぽを挿入してピストンして、しばらくするとまたペニスを引き抜く。

チム兄が飛鳥に言います。

「飛鳥ちゃん、なんでチンポ抜くかわかる?」
「わかんないー」
「締め付けがすごくて、すぐに射精しそうなんだよ…」

何度か挿入と休止を繰り返して、最後はオメコに指を突っ込んで潮吹き。ここで大量に潮を吹き出すのがすごい。

ベッドに移動して、ねっとりセックス

ベッドに移動して、ねっとりとベロチューから。そして飛鳥に全身愛撫をさせて、またしても丁寧でねっとりしたフェラチオ。

フェラしている時の、垂れた乳がたまりません。そこから騎乗位。飛鳥が前倒しになると、たるんたるんの乳房が胸に押し付けられるのが気持ち良さそうです。

見よ!これがたるんたるんセックスだ!

ここからは、猛烈な勢いで下からペニスを突き上げる騎乗位。ぶるんぶるんと揺れる肉。肉。肉。

垂れた乳と垂れた腹が乱舞しています。たまりませんね。ぐにゃぐにゃで柔らかい女。絶対に抱いてみたいです。

あまりの名器にうっかり射精するチム兄

壮絶な騎乗位のあとは、正常位でフィニュッシュニ向かおうとするチム兄なのですが、少し挿入して、しばらく経つと動きが止まります。

実は、ここでうっかり射精してしまったんですね。あまりの名器で気持ちがよかったのでしょう。

ですが、飛鳥は最初から「中出しはダメ」と言い続けていました。…どうやって誤魔化すのでしょうか(笑)。

ちんこを抜くと、鈴口から精液が溢れています。しっかり、こっそり中出ししてしまったのですね。指を突っ込んで書き出すと精子が出てきます。やばいです。

なんだか、よくわからないままのフィニュッシュで、終わったのかどうか理解できていない飛鳥。

「もしかしたら、少しだけ精子が中にでちゃったかも」
「え、えええーー!」
「いや、大丈夫だよ、少しだけだから…」

などと訳の分からないことを言って誤魔化すチム兄。

「もしかして精子が出たかもしれないから、ここでおしっこして洗い出してみようか…」などと無茶苦茶なことを言って、ベランダで放尿させるエンディング。

2本目「続・魅惑のたるんたるん」

HEY動画、動画

というわけで、続編の…というわけで「実録ガチ面接121」です。HEY動画の解説文には以下のように書かれています。

公開が随分と間が空いてしまいましたが、「実録ガチ面接106」の続編です。セックスレス等の理由で離婚したばかりの”飛鳥サン”。本人に怒られる覚悟で言います。彼女の魅力は何と言っても、あのたるんたるんボディ。20代のお顔に50代のたるんたるんボディ。決して、ディスっているのではございません。世の中にはそんなニーズもあるのです!! 彼女のたるんたるんに魅力を見い出せないそこの貴方、まだまだ修行は足りませぬ。当分はこの動画のみでオナニーし続けて、立派な大人になってください。それでは、好意的なレビュー、お待ちしております。

腹肉なのか乳房なのか分からないダルダルボディ

ぐにゃぐにゃの乳房を潰れるくらいに鷲掴み

中に出すと妊娠するけど、いいよね…

飛鳥の無修正動画を見るには

この動画の配信プロバイダ「ガチん娘」は、2020年8月末に閉鎖になり、現在は「HEY動画・月額見放題プラン」のみで視聴可能で、一般会員なら12.49ドル(約1,300円)、プレミアム会員ならば16,66ドル(1,730円)。これは、いずれも年間一括払いの月単価で、月極の入会方法もあります(10%くらい割高ですが)

エッチな0930には前原葉子で出演

ガチん娘の2本の動画を見て、もっと見たい…と思っていたら、HEY動画のタグに「前原 葉子」というのを発見。調べてみると前原 葉子という名前でエッチな0930とうんこたれに出演していますね。