小早川怜子 – 息子の親友のムスコを弄ぶ淫乱マダム

前半はちんぽしごき。後半は濃厚ファック

もうタイトル「息子の親友のムスコを弄ぶ淫乱マダム」そのまんまの内容です。旦那とはセックスレスになった退屈な人妻マダムのもとへ、息子の友人が訪ねてくる。息子はあいにく外出で、帰ってくるまで家の中で待っていてもらう。

怜子は息子の友人を、小さな頃から知っていて幼児の頃には風呂も一緒に入った(年齢が合わないけどねw)。その息子の友人との濃厚なセックスを描いた動画です。

後半は、小早川怜子との濃厚なケダモノSEXが展開しますが、前半は息子の友人を手コキとフェラで射精させる…という二本立て構成。わたしは前半で萌えてしまいました。

管理人よっしーは昔、熟女デリヘルにハマっていたことがあって、そのデリ嬢にマザコンプレイをしてもらって楽しんでいました。皆さんも近親相姦ものや義母ものって大好きでしょ。それを本当にやってくれるデリ嬢がいたんですよ。

よっしーは、毎回自分でシナリオを書いて(笑)、母と息子や妻のお母さん(義母)、そして今回のような息子の友達プレイをさせてもらったことがあり、今回の動画は、まるでその頃をプレイバックしたような仕上がりで、たっぷりオナニーしてしまいました(笑)。

「ユウヤくんいますか?」
「あー、いまユウヤは出かけているのよー」
「そうなんですか…」
「もうすぐ帰ってくるから、上がって待ってなさいよ」

とおばさんはボクの手を引いて家の中に案内してくれる

おばさんは相変わらず綺麗だ

リビングのソファに腰掛けるボク。隣にはおばさんが座ってきた。

「ボクちゃん、大きくなったわねー、すっかり大人よねー」

それにしても怜子おばさんは本当に綺麗だ。昼間なのにちゃんとお化粧しているし、香水も付けているのかな…ほんのりといい匂いがする。うちの母ちゃんとは全然違うよ。同じ女なのに、こんなに素敵な母親がいるなんて、ユウヤが羨ましいよ。

「昔はちっちゃかったもんねー」
「はあ…」
「こっちも立派になったのかしらー」

と怜子おばさんは、ボクのジーンズのファスナーを下ろし始めてきた。もうびっくり仰天。一体なにをするってんだ!

「あ、だめです、やめてください」
「何言ってるのよー、昔は一緒にお風呂に入ったでしょ。ボクちゃんのおちんちんなんて、見慣れているのよ」…なんて言われて、ズルズルとズボンを降ろされてしまう。

「あ、あっ! だめです、だめですよー」
「いいじゃないのボクちゃんー」

「あ、こんなに立派になったのね…すごいわー」

迂闊にもボクのちんぽは、怜子おばさんの匂いと色気で秒で勃起してしまったのだ。

「いやー、本当に立派よー」…と怜子おばさんは、ボクの勃起したチンポを握って上下に擦りはじめる。チンポをこすれば精液が出てしまうことは、毎日オナニーしているボクだからよく知っている。

「ボクちゃんは、彼女いるのー?」
「え、あ、いえ、いないです」
「そうなのー、もったいないわねー」

「じゃあ、キスしたことある」
「いえ、ないです…」というと、怜子おばさんはボクの唇にキスをしてきた。ボクのファースキスはユウヤの母ちゃんに奪われてしまった。

おばさんが僕のチンポをしゃぶってる

僕の汚い肛門に舌をねじこんでくる

おばさんは僕とセックスしたがっている

おばさんのまんこの中の穴が動いている

ちんぽの先だけをしごかれる騎乗位

まんこ汁でべとべとのちんぽをしゃぶられる

なんだかおばさんが可愛い女に見えてきた

おばさんの膣に射精して赤ちゃん産ませたい

スペック

配信プロバイダ:HEYZO
タイトル:息子の親友のムスコを弄ぶ淫乱マダム
出演:小早川怜子
女優タイプ:巨乳 熟女
タグキーワード:中出し クンニ 手コキ 淫語 フェラ抜き 騎乗位 69 指マン 人妻 淫乱 騎乗後背位 側位 痴女
公開日:2016-03-30

息子の親友は、すっかり大人に…そう、もちろんあそこも大人に…!旦那とすっかりセックスレスな巨乳美熟女・小早川怜子は、若い身体の前ではもう自我を保てず、幼い頃から見ていたチ○ポをほおばってお口に一発。次は私を気持ちよくしてちょうだい、とベッドに移動すれば、人妻による”大人のセックス”のご指導開始!淫語を連発しながら騎乗位、正常位、バックと様々な体位で親友のムスコをいじめた怜子は、もちろん中に活き活きとしたザーメンをおねだりしちゃいます。思わず癖になってしまう淫乱マダムをとくとご覧あれ!

小早川玲子の無修正動画リスト

小早川怜子の無修正動画は「小早川怜子・他人妻味:HEYZO」のページに全て掲載していますが、それぞれ配信プロバイダが異なっています。ですので、今回はすべてHEY動画へのリンクとします。ちなみにリンク先は「HEY動画見放題プラン」ですが、単品でダウンロード購入することも可能ですよ。