石元 緑 50歳:エッチな0930

なんども「主人のよりも大きいわ」…と呟く奥さん。最初はブスすぎてがっかりだったのに、どんどん引き込まれる。これぞ熟女の魅力

くらびれたブスのおばさん。だけど魅力的

麒麟模様のカーペットの上に座る奥さん。男優モンゴルが「礼儀正しい人ですね…」と言うのがぴったり。年齢の割にロングヘアなのが女であることを主張しているような気がする。

結婚生活23年で、20歳と23歳の子供がいて、旦那とはセックスレス…という熟女主婦にありがちなパターン。でもセックスに対する意欲はまだまだある。

正直第一印象は「ブスっぽい…」と思ってしまった。口角は下がって怒っているようだし、瞼は腫れぼったく垂れ下がっている感じ。

でも話を聞くうちに、どんどん引き込まれていく不思議な女性。とにかく上品で礼儀正しさが身に付いていて、優しいお母さん風。時々見せる笑顔がおばさんのくせに無邪気で可愛い

さっそくカーディガンを脱いでもらう。その下はワンピース風の上品な上下。思わず男優が「もう収まり効かないですよ、こんなんなってます…」とブリーフごしに勃起したペニスを見せつけるように近づく。

「いやぁ、凝視できないですよ…」と笑いつつ、しっかり目は男の股間に釘付けになっている。「いいのかな…こんな真面目そうな奥さんを好き勝手して…でも、好き勝手しますよ、今日は…」とか言いながら服の上から肩や髪を触っている。

「ちょっと触ってみて下さい」と股間を前に突き出すと、手を伸ばしてブリーフ越しの肉棒を手にする。「あ、大きいですね…主人より大きい…」と男なら人妻に言われてみたいセリフをさらりと言ってのける。きっとこの段階で男優にもスイッチが入ったに違いない。

奥さんに肉棒を触られながら、髪や背中を触り続けている男。ますます勃起してきたのだろう…奥さんが「すごーい、主人より大きいー」と言う言葉で、たまらずブリーフから肉棒を取り出す。

奥さんは条件反射のように勃起したペニスを握って、凝視しながら「立派だわ…」と呟く。

男はたまらず、勃起したペニスを握られたまま奥さんの耳や、首にキスをして、さらに服の上から乳房を揉みながらディープキスをする。舌と舌がねっちょり絡みあう卑猥なベロチュー。

そのままスカートに手を突っ込み、むちむちした太腿の感触を楽しみながら、カーペットに押し倒す。

さらにえげつないディープキス。さっきから、このふたりすごく長い間キスをしてて、熟年同士の下品さがどんどん伝わってくる。

まんこを見せるのを恥ずかしがる50歳熟女

「僕のも見たんだから、奥さんのも見せて…」と上着を脱がし、ブラを外して、ほどよく垂れた乳房にむしゃぶりつく男。じゅるじゅると音を立てて乳首を吸ったり、柔らかい乳房を揉んだりすると、「あ、あ、あぁ」と可愛い声で喘ぐ奥さん。

さらに股を開いてパンティの上から股間を触ると「あ、あ、だめ、だめ」と喘ぐ奥さん。「パンティ脱いでみせてください」と言うと「あぁん、恥ずかしい」と可愛い声を出す。

さらに両手でパカっと開いて見せて…と言うと「恥ずかしい、恥ずかしい」と言いながらも男の言う通りにマンコを丸出しにする。恥丘には陰毛が多いが大陰唇のまわりは毛が少ない。ビラビラは小さくて薄いが、かなり使い込んだせいか色素沈着がすごく、かなり黒ずんでいる。

ぱっくり開いたマンコにクンニする男。男は速攻でクンニ。そのクンニが猛烈に下品。舌全体でべろんと膣全体を舐め回し、さらに犬のようにベロベロと膣の上部分からクリトリスにかけてを上下にべろべろしている。

もちろんカメラはどアップで、ぬるぬるのマンコを映し出している。その間も「あ、あ、だめ、だめ」と言いながらセクシーな声で喘いでいる奥さん。

「こんどは奥さんのオナニーを見せて…」言うと、またも恥ずかしい…」と言いながらもクリや小陰唇を撫で回す奥さん。

オナニーを始めて、すぐに気持ちよくなってしまっている奥さんに、男はピンクローターを取り出して膣に当てがい「これを使ってみてください…」と手渡す。無条件にローターを使う奥さん。

「あーー、あーー!」と大きな声をあげて、体をよじらせている。すごく早い速度で高まっていくのがわかる。「あーー、きゃーー」と悲鳴のような大声をあげて、カーペットの上をのたうち回る奥さん。どう見ても本気のオナニー。

「あーーーー!」と大声をあげて、ぐったりする奥さん。わずか数分での昇天。かなり感度がいい。イってしまったマンコをどアップで確認すると恥ずかしがる。膣の中はすっかり内臓が出てくるかのように肉球のようなものが膣の入口まで迫ってきている。「ここに入るんですね…」と肉壺に軽く指を入れると、また「あっ!」と喘ぐ奥さん。

さらに、カーペットの上にうつ伏せになってもらい、尻の肉を舐める男。じゃれあっている感じがすごくよくて、すっかり奥さんの心の壁が壊れてしまっているのが解る。

横になっている体の腹の肉が醜く弛んでいるのが熟女らしくていい。もちろんお腹の肉はぶよぶよなのだが、それほど太っているわけではなく、むしろ手足が思ったよりも長くて、いいスタイルをしている。

主人よりも大きな肉棒をハメられる奥さん

今度は奥さんに奉仕してもらおうと、ソファの上に座る。奥さんはカーペットの上から這って近づいてきて、ブリーフを脱がし肉棒を握る。

そのまま男の股間に跪き、亀頭をゆっくりと口に含む。びちょびちょ…と音を立ててフェラチオをする奥さん。口が小さいのか、肉棒が大きいのか余り口の奥まで入らない。

「入らないですねぇ…ちょっと押してみますよ…」と奥さんの頭を摑んで肉棒に押し込むと「うう、うううー」と苦しそうな声をあげる。口から肉棒を抜いて「もう…大きすぎ…」と嬉しいことを言ってのける。

「口に入らないなら、おまんこにいれましょうか…」というと、肉棒を握って凝視しながら「えー、でも主人のより大きいから…」とまたもやエロい言葉を口にする。

そのままベッドに手を付かせて尻を突き出させる。勃起した肉棒をしごきながら近づき、「入れちゃうよ、奥さん…浮気だよ…」と声をかけると「ああー、どうしよう…」と男心をくすぐる言葉。

四つん這いになった奥さんの股間はすでにヌルヌル。そこに血管が浮きまくってギンギンに勃起した肉棒をゆっくり挿入する。カメラはその瞬間をアップで捉えている。

そのままゆっくり動かすと「ああー、気持ちいいー」と声を出す奥さん。男の腰使いに合わせて、「あ、あ、あっ、すごい…」を連発する。

さらに奥さんの脇腹を摑んで、激しくピストンしてやると声のトーンが1オクターブあがって「あ!あ!あっ!すごい!」と叫び始める。肉棒で突かれる度に、奥さんの垂れた乳や、ぶよぶよの腹の肉が激しく波打っていて、激しく下品な映像を楽しめる。

「あ、あっ!あーーーー!」「すごいーー!」「きゃーー!」まるで悲鳴のような声でよがりまくる奥さん。この辺りからはボリュームを落すかヘッドフォンのご着用をお勧めする(笑)。

激しく突かれてケダモノのように叫ぶ牝豚が、これまたメタボの男優に突かれまくっており、画面はまさに肉の祭典なのである(笑)。

とりあえず、味見を終えたモンゴル。少し満足そうな奥さんを引き寄せて抱きしめ、またキスをする。熟年同士の男女が、まるで若い男女のようにいちゃいちゃしているのも、それはそれで微笑ましい。

新婚夫婦のようにいちゃいちゃする熟年カップル

場面は変わってシャワーを浴びる奥さん。恥丘を撫でながら「この奥さんに挿れちゃったんだよなー」と満足そうな男。そのまま奥さんに体を洗ってもらう男。

勃起している肉棒を丁寧に洗う奥さんがエロい。さらに肉棒を握ったまま再びベロチュー本当にキスばかりしている二人だなあ…と関心する。

シャワーを浴びて浴槽に入る。陽が差し込んでいて気持ちがよさそうで、リラックスしている。男優も向かい合って奥さんと話をしながら、乳首を摘んだりしている。

そんな奥さんを引き寄せて、膝の上に座らせてまたしてもベロチューする男。すっかり「この女は俺のもの」的なオーラを出して(笑)好き勝手している。奥さんも奥さんで、ディープキスで男の舌を受け入れながら、メタボ男(モンゴル)の乳首をずっと触り続けている。

辛抱がたまらなくなったのか、男は腰を浮かせてペニスを目の前に差し出す。もちろん、すぐにフェラをする奥さん。

さらに浴槽の縁に越し変えて、肉棒を奉仕させる。さっきよりも一生懸命に、丁寧に肉棒を愛撫する。「おいしい…」って言いながらしゃぶる人妻に「奥さんが他人のものをしゃぶって、美味しいなんて言ってはだめですよ…」と言うと、「だって…主人のよりもすごく大きくて…」とペニスを口から離さない奥さん。もうすっかりラブラブモードである。

顔面騎乗からシックスナイン

場面が変わって寝室。ドアを開けて入って来る奥さん。薄いピンクのスケスケのベビードールを来ている。丈が短く、マン毛がまるだしになっている。

「お、セクシーじゃないですか…」と声をかけると「喜ぶかな…って思って…」と笑う奥さん。熟女の乙女心が可愛いと思ったが、これで奥さんのぶよぶよした全裸を楽しめないのかな…と思うと、少し残念(笑)。

ベッドの上に横になっている男の上に、立って跨がるように指示する。男の顔面の上には奥さんの股間が画面一杯に広がっている。

横になっているときは解らなかったけど、加齢で大陰唇がシワシワに垂れ下がっている。そのまま腰を落すと、グロテスクなおまんこがドンドン近づいてくる。もう、まさにやりたい放題のエロ画像である。

グロテスクなマンコを男の顔に押し付け、それをびちゃびちゃを舐め回す男。もう奥さんは最初から「ああ、気持ちいい」とよがっている。

ベッドの足下に設置したカメラが、顔面騎乗でクンニしている男の肉棒が、むくむくと勃起していく様を捉えているのが、すっごいリアル。

奥さんが振り返ると、そこには勃起したチンポ。マンコを舐めさせたままのシックスナイン。またも小さな口で太い肉棒を一生懸命に頬張っている。

ギンギンに勃起したペニスを指先で触ったあと、肉棒を手に摑んで、そのまま背面騎乗で挿入。

ハメるなり、腰をガンガン上下に振って「あ、気持ちいい、すごい…」と肉棒を味わいまくる奥さん。最初のインタビューの頃に見せた上品で礼儀正しい奥様とは、真逆の肉棒狂いの下品な淫乱熟女になっている。

サイレンが鳴るように絶叫し続ける奥さん

そのまま、背面に体を反らせてカメラにハメ部分を丸見えにさせる。男が下から突き上げると「あ、ああー」と大きな声を上げる。

さらに体勢を変えて前を向かせての騎乗位。またしても下から突き上げると大声でよがる。

さらにハメながらのベロチュー。そして上になった奥さんに唾液を垂らしてもらい、それを美味しそうに飲む男。もうなんでもありのやりたい放題だ。

さらに体勢を変えて正常位。シワシワの奥さんのマンコに肉棒がずぼずぼ挿入される。

もうこのあたりでの奥さんの絶叫はすごい。まるでサイレンのように「あーーー、きゃーーー!!」と叫び声が止らない。

ペニスを突く度にゆさゆさ揺れる大きな乳房。よがっている奥さんも肉の塊なら、突いている男もメタボでぶよぶよ。猛烈にお下劣な熟年同士のセックスである。

それにしても、この奥さんの雄叫びはすごい。思わず男も途中で「声でかいねー」と動きを止めてしまうほど(笑)。こんなに激しくセックスするババアは、このシリーズでもベスト5に入るんじゃないかと思う。

男もドンドン奥さんを攻めまくり、高速ピストンで突きまくる。このまま射精するんじゃないか…と思ったら、体位を変えて背後位。

きっと最初のバックがあまりにも気持ちよかったんだろう。四つん這いにした奥さんの膣に肉棒を突っ込み、激しくピストンして射精するだけのために女の体を使っている。

「あーーーーー!」と絶叫し続ける奥さんに高速ピストン。最後は思い切りぐっと腰を深く打ち付けて、精液を子宮まで届かせるように射精した。

四つん這いのまま肉棒を抜くと、奥さんの股間からぶりぶり…っと下品な音を立てて精液が流れ落ちた。最後の最後まで下品な作品で満足。

この動画を無修正で見るには

いかがでしたか?このページに掲載している画像は当サイトのポリシーに沿って、動画スクリーンショットに性器へのモザイクや女優さんの目隠しを手動で行い掲載しているものです。ですのでオリジナルは、すべてモザイクやぼかし処理のない無修正動画作品です。

そして、動画を視聴するには、有料のアダルト動画サイトに入会しなくてはなりません。安全で合法な、有料のアダルト動画サイトで会員になれば、期間内はダウンロードして、皆さんのパソコンやスマホやタブレットに無修正動画を保存でき、それは永遠にあなたの所有物です。さらにコスパは最大1作品10円以下!という価格で、保存した動画は永久に視聴することが可能です。ぜひ、安価で安全、安心で合法な無修正動画を楽しんでください。

スペック

配信サイト:エッチな0930
タイトル:石元緑 50歳
名前:石元緑
年齢:50歳
身長:158cm
サイズ:93/64/94
カテゴリー:熟女系、巨乳系
再生時間:00:59:04
公開日:2012年09月18日

「恥ずかしくて凝視できないわ」と、ハメ師のデカチンを前に緊張する緑さん。しかしそれは最初だけ!? ハメ師曰く、「チンコが休まる暇がない」ほど実は1日中エロい奥様でした!? 喘ぎ声もびっくりするほど大きくて……旦那とセックスレスとはいうけれど、声が大きすぎて家ではできないだけなのでは……!?

掲載サイトの紹介文より抜粋(掲載サイトへは、こちらをクリックしてください)

熟女倶楽部で発見しました

さて、この石元緑さん。あれから他にも出演作がないか、1年くらいさんざん探したのですが見当たりませんでした。

ところが、最近「熟女倶楽部」の広告動画をページの最下部に貼っているのですけど、そこに居たんですよ。これです↓


わっははー。どうですか。明らかにブタのおばさんでしょ。必死になって探した甲斐がありました。この作品はシリーズみたいで、以下の作品が無修正で公開されています  

そして、このブタのおばさんなんですが、名前は香西ひろみさんというみたいで、生意気にもメジャーの作品にも出演されているのですよね。びっくりです。

五十路マダム 8 精液注入!

またいずれ、機会があればダウンロードしたいと思います。このブタのおばさんん魅力的だから。またブヒブヒ鳴いているのを見てみたいですよね。