山本艶子・性欲が衰えない五十路母

ひたすら玩具にされる五十路母

一軒家の裏庭あたり、腰をモジモジさせて歩いてくる五十路熟女。母親なのか隣のおばさんなのかはわからないけど、辛そうな顔をしてこちらに歩いてきます。

とうとう歩けなくなりしゃがみこむと、男が近づき乱暴に乳を揉んで、パンティの中に指を突っ込むと、そこから黒いロータが転げ落ちます。

ぐにょぐにょの垂れ下がったおっぱい。そして全く手入れがされていない陰毛。しかも剛毛。そして真っ黒けな股間

さらに、真っ黒で分厚い小陰唇。まるで焼き過ぎた牛タンのようであり、厚みは耳たぶくらいある大きなビラビラ。そのビラビラを下品にぐちょぐじょじゅるると舐め回す男。もうこれだけで、五十路熟女にノックアウトです。

そして、ズボンを脱ぎ勃起したペニスを差し出すと、大きな口を開けてじゅぼじゅぼと下品な音をたてて舐め回す五十路の母親。生まれて30年以上もセックスばかりしてきた女の年季の入ったフェラチオが気持ち良さそう。

そのまま、お母さんを立たせて着衣のままマンコに勃起したちんぽをぶち込む。残念ながらカメラアングルが下からのみの撮影で、若干物足りないけど、挨拶がわりに裏庭で熟女を陵辱する気持ちはとても満足。

部屋の中で五十路母を陵辱する

前ぐりの大きく開いた辛子色のセーターを着て、部屋を雑巾掛けしている母親。

和室のテーブルの上を雑巾掛けしている手をぐっと握ると、お母さんはこっちをみて「なによ」…という顔をする。

この表情がたまらないです。なんだか本当に今から爆乳の母親を調教できるかもしれないと思うと、ドキドキしてきます。

お母さんとずっと目が合い、そのまま手を伸ばして頬や首筋を触ると、お母さんはされるがままにしている。というよりも、むしろうっとりしたような表情で、僕がやりたいことに逆らわないお母さん。

この着衣もいい。本当に大きな乳房がカラシ色のセーター越しにもっこりと盛り上がっている。

お母さんを立たせて、少しだけスカートをめくり、パンティの前の部分を引っ張り上げて、股間に食い込ませると、お母さんは、無言のまま声を押し殺している。

さらに座敷机に座らせて、背後からセータを前におろし、ブラジャーの上から柔らかいおっぱいを好きなだけ揉んでやる。そしてブラもおろして、たっぷりとした肉の塊を両手でぼよよんぼよよんと楽しむ。

お母さんの女の匂い。熟女の脂臭い匂いがここまでしてきそうだ。

さらに乳を揉みながら、パンティをずらして、まんこをぐにょぐにょと触ってやる。耳たぶくらいある大きなビラビラをぐりぐりと押し付けてやると、お母さんはエロい顔で「あ、あふぅ」と喘いている。もう、このおんなはお母さんなんかじゃない、肉の快楽に目覚めたただのメス豚だ。

そのまま座敷机の上に四つん這いにさせて、パンティをおろしてマンコを丸出しにしてやる。

それにしても汚いババアのマンコだと思う。ビラビラの肉があまりにも分厚いので、そのままひっぱると、びろーんと横に伸びた。中は少し濡れてきている。

なんだか、臭そうだけど、そのヌルヌルのマンコを舐めてみたくなったので、そのままぴちゃぴちゃ舐めてやると、「ああ、あああ!」と声をあげやがる。どこまでやらしい女なんだ。

なんとなく、マンコがちんぽを欲しそうにしていたので、尻肉にチンポでビンタをしてやり、そのまま俺のペニスをマンコに突き刺してやる。ヌルヌルのマンコのなかにニュルっと簡単に入ってしまったので、そのままピストンすると「あう、あう!あああ!」とか言ってヨガってやがる。

まあ、こんなもんか、とお試しマンコで満足したので、ちんぽを抜いて、代わりにナスのようなバイブをぶち込んでやり、パンツを履かせて、スカートも元に戻してやった。

お母さんは物足りなそうだけど、おまえなんか、これで十分だ。

そのまま座敷机の上で、バイブを入れたままぐったりしているお母さん。なんて下品な女なんだ。こんな女から生まれてきたと思うと恥ずかしい。

なので、さっきこの女のマンコにぶちこんだチンポを、お母さんの口の中に入れて掃除させてやった

あとでお前の部屋で抱いてやるから、待ってろよと言うと、お母さんは目を潤ませてこっちを見た。

…と、主観的に書いてみましたが、本当にずっとここまで無言なんですよ。以前にパコパコママの「王崎詩織・衰え知らずの性欲」をレビューしましたが、そんな感じで全然セリフのない作品です。これはこれでかなり萌えます。

ベッドに転がして玩具にしてやった

部屋に行くと、ベッドの上でパンストとブラジャーをしたまま、お袋が仰向けになっていた。いつもこの部屋で親父とセックスしているのかと思うと、ここでお袋をセックスの道具としてむちゃくちゃにしてやりたくなってきた。

ブラの上から、乱暴に乳を揉んでやると「ああ、あふう」とか言ってヨガってやがる。それにしてもだらしない乳だ、ダルンダルンでぶよぶよの垂れ乳。

さらにパンストを、ビリビリに破いてやった。一度これがやってみたかったんだよな。それにしても、この女パンストの下にパンティも履かずに寝てやがる。パンストを破ると、またさっきのどす黒いマンコがぐっしょり濡れている。

本当に大きなビラビラで、つまんで引っ張ってやると「ああ、あふー」とか言ってヨガってやがる。写真でもわかるように真っ黒けで肉厚の小陰唇。下品なマンコ。

このあと、ローターでいじりまくって、バイブをぶち込むと狂ったように「ああああ!」と叫ぶお袋。バイブを抜き差しすると汁が溢れてきたので、そのまま手マンしてやると、じょぼぼぼっと音を漏らして、失禁するお袋。母親のくせに息子にマンコいじられて潮吹いてやがる

こうなったら、もっとむちゃくちゃにしてやろうと、四つん這いにさせて、さっきのナスのようなバイブをマンコにぶち込んで、そこを蓋するように電マを押し当ててやると、おふくろは狂ったように「ぎゃああああああ!」と叫び声をあげて気をやってしまう。

それでも許さずにナスバイブを全部マンコのなかにぶち込んで、電マがマンコに挿入されるくらいに押し込んでやると、「ああああー!だめーー!だめ、いっちゃううううう!」と下品な声をあげて気をやる母親。最低な母親だな。この女は。

自分のお袋の膣に精液を中出し

シーツを潮でべとべとにしてしまったお袋。もうすっかり母親の威厳はなく、ただの発情したメスブタになって、俺のちんぽをずっとしゃぶっている。

しゃぶっているというか、レロレロとなんども舌で亀頭を舐め回し、味わい、キンタマまで美味しそうに、そして嬉しそうに舐めている。心なしか嬉しくて笑っているようにも見える、まったくこの女は自分が産んだ息子のちんぽってことがわかっているのか?

そして、ほっておくと、ずーーっとちんぽを舐めているお袋。何も言わなければ朝までちんぽをしゃぶっていられそうな女だ。舌を這わしたり、唇でピストンしたり、パイズリまでしてくれる。まるで商売女のようなドスケベな、俺の母ちゃん

ついにはシックスナインまでして、俺がマンコを舐めてやると、お返しのようにジュボジュボとちんぽを口でしごく。

もうギンギンになって、このままだと母ちゃんの口の中に精子を出してしまいそうなので、そのまま前にスライドさせて、背面騎乗位でマンコにペニスを押し込んでやった。もちろん生でコンドームなんてつけない。

おふくろは狂ったように腰を振って「ああ、ああ、あああ!」と叫んでいる。これは気持ちのいいマンコだ。あまりに気持ちよくて精子を出したくなってきたので、このまま仰向けにして正常位で挿入してやる。

ぐ、ぐ!ぐぐ!っとなんどもピストンすると、「ああ、あああ!」とヨガり声をあげるお袋。こいつは息子とセックスしているのがわかってないのだろう、ただのメスになって快楽を貪っている。

おれも、このままお袋の膣のなかに、おれが生まれてきた場所に自分の精液をどくどくと流し込んでやった

あしたも、この女のマンコに精子を出してやろう。妊娠するまで出し続けてやろう。

この動画を無修正で見るには

ページに掲載している画像は当サイトでモザイク処理をしており、オリジナルは全てモザイクのない無修正動画作品です。その無修正動画を視聴するには、有料のアダルト動画サイトに入会して下さい(入会方法はこちら)。会員になれば、期間内はダウンロードして、皆さんのパソコンやスマホやタブレットに無修正動画を保存可能。永遠にあなたの所有物です

スペック

配信サイト:パコパコママ
タイトル:性欲の衰えを感じない五十路熟女
名前:山本艶子
年齢:50歳
サイズ:B:100 W:68 H:97
カテゴリー:50代 ぽっちゃり 巨乳 中出し 野外露出 青姦
再生時間:01:00:58
公開日:2009年07月02日

動画ダウンロードはこちらから

50歳を過ぎても性欲が落ちるどころか、そんじょそこらのエッチ好きのギャルなんかでは足元にも及ばない性欲。少し垂れ気味の100センチ爆乳、崩れかけた体の線、使いこなしの熟アワビは、ド級のいやらしをプンプン醸し出します。そんじょそこらのおばさんとは一味も二味もちがう五十路熟女、結構ヌけます!。(ダウンロードページから引用)

山本艶子の無修正動画

山本艶子の無修正動画は「パコパコママ」に2本公開されています。それ以外にももう1本「The 変態」というプロバイダからも配信されていますね。でも実は昔彼女の裏DVDを買った記憶があるのですが…。

アダルト動画(モザイクあり)