クレジットカードの請求が来ました

1月21/28日の請求書が届きました

こんにちわ、よっしーです。以前のブログで「パコパコママ」に入会して、さらに超VIP会員にグレードアップしたことを報告しましたが、その時のクレジットカードの支払いの請求書が届きました。※詳しくは以下のブログを併せてお読みください

請求の項目は「DTISERV」と書かれていました

まず気になる、明細に書かれている名前なのですが、これは両方とも「DTISERV」と書かれていて、後半のモザイクの部分は000-000-0000というコード番号が書かれておりました(この番号が何を示しているかわからないのでモザイクにしてあります)

この「DTISERV」ですが、最初のDTIは、「パコパコママ」などを運営会社名。つまりDTI Serviceの略なんでしょうね。

わかる人にはわかるかも知れないですが、これを家族に見られても、そんなに心配はないと思います。仮に「パコパコママ」とか書かれていたら、最悪ですが(笑)この部分は安心してもよいでしょう

請求金額は換算レートで少し異なります

私の場合、1月21日にパコパコママの一般会員として入会し、その7日後の1月28日に超VIP会員にグレードアップしました。

は請求額の横に「現地通貨額」と「換算レート」が記載されています。これで海外から何を買ったのか、奥さんに知られる可能性もありますが、そこは「海外からコンピュータのユーティリティを買った」とか言い訳を考えておきましょう(笑)まあ、妻バレ家族バレは、可能性がゼロではありませんけど、ここは個人で頑張るしかないですね。

1月21日の一般会員が、48.5ドル。1月28日のグレードアップが150.5ドルで、合算すると199ドル。こちらのパコパコママの入会案内ページには超VIP会員は240ドルで案内されていますから、41ドルお得だったことがわかります。

ちなみに、換算レートですが(上の写真の右に掲載れていますが、見えていません、すみません)、1月21日の換算日は、翌日の22日で1ドル112円96銭、1月28日も翌日換算で1ドル111円47銭でした。

それでもクレカが使えない場合は

それでも、色々な事情でクレジットカードが使えない場合がありますよね。特に家族(奥さん)とか恋人にカードの明細を見られてしまう可能性のある場合は不安でしょう。

そこで先日色々調べていたら、クレジットの代行決済 というビジネスをしている会社があることを知りました。手数料とかを取られますけど、確実に安全な方法かもしれません。参考までに。


管理人ブログ一覧(インデックス)