高島 千代子 50歳-1:人妻斬り

いきなり期待できる展開にわくわく

この作品の公開日は2008年の12月26日。オープニングテロップのあとに「交渉成立・リクエスト企画」と書いてある。要するに会員から再登場の熱望があったということなのでしょう。しかも、この当時で多分初のハイビジョン作品だ。

オープニングのインタビューシーンでは、そういう話をしてて、視聴者からのリクエストを読み上げている。「スタイルがいい」とか「セックス反応がよい」とか「清楚なイメージがよい」とか言われて、照れている千代子さんなのである。

確かに、彼女は「清楚なイメージ」という言葉がぴったりで、ソファに座った足の閉じ具合とかも素敵だ。清楚な割に朗らかでハキハキして、よく笑うし。いい感じの主婦だと思う。

インタビューの後に、スタッフから「プレゼントがあります」と、画面にプレゼントを抱えた若い男子が登場する。さらにその男子は首にリボンをしている。要するに「近親相姦風にプレイしてみてください」的なことを言っていて、清楚なお母さんイメージの強い千代子さんにぴったりで期待できる。

隣に座った男子を、好きな感じで触っている千代子さんは、終始笑顔で嬉しそうだ。

息子の前でオナニーを見せつけるママ

千代子さんが、お母さんを演じて、家の中を掃除したり、テーブルでコーヒーカップを片手に物思いに耽ったり、さらにキッチンでお皿を拭いたり…とかの近親相姦シリーズでは、お馴染みのイメージシーンが挿入されて、フェイドアウト。

その後、千代子さんのドアップでフェードイン。すごい目力でカメラを見つめて「ママの本当の姿を見せてあげる」とか言ってる。すでの千代子ママはブラとショーツだけの下着姿。「目を逸らさないでちゃんと見なさい」とカメラ越しにボクを叱る。

「ママも恥ずかしいけどちゃんと見ててね」と言って、自分で体をまさぐる。そしてパンティの中に手をつっこんで、うっとりとしているママ。「そんなに見られるとママ感じちゃう」と喘ぐママ。

再びカメラがドアップになり「もっと見たいでしょ」と僕に囁き、ブラを外してうっとしている。僕の目の前にはママの勃起した乳首がある。さらにママは「恥ずかしい」と言いながら、ソファに横になってパンティを脱いだ。

僕の目の前には、ママの真っ黒のマンコがある。まっくろでシワシワで、大きなびらびらがある。ママのマンコって、こんなに汚かったのかと驚いた。

ママはソファに横になって「これがママのマンコよ」「いやらしい穴でしょ」「もっと近くで見てね」とマンコをいじり。さらにピンク色の細長い卵のようなものを、乳首やマンコに押し当てている。大人の女のオナニーだ。

「ママ、いやらしい? ママのこと嫌いになった? でもこれがママの本当の姿なのよ」と僕に向かって囁きながら、ピンク色の卵みたいなものをマンコに押し当てて「ああー」と気持ちよさそうにしている。「ほらもっと、顔を近づけて見て」とママが言うと、画面いっぱいに真っ黒けなマンコが映し出されている。もちろんくっきりと無修正で。

「ああ、気持ちいい、ママいっちゃうー!」とつぶやき、ぐったりとソファに横なっているママ。これが女性の自慰行為なのか…とボクは少しびっくりした。

ボクのペニスをうっとりと握っているママ

ソファでぐったりしているママの足元でじっと見ていた僕ちゃん(最初にプレゼントです と紹介された男優)。ママが僕ちゃんに気がついて「ずっと見ていたの? じゃあ、あっちでいいことしようか…」とボクちゃんの背中を抱いて隣の部屋に連れていく。

隣の部屋のベットにボクちゃんをベットに押し倒して、足でママはボクの体を踏みつける。股間や乳首をママの足で踏まれている。そのままズボンを脱がされ、「赤ちゃんみたいね」と言いながらTシャツを脱がされる。

「まあ、こんなになっているじゃないの」と白いブリーフの上からボクのおちんちんを触って「さあ、ママの言うことを聞くのよ」と全裸のママがボクの顔の上に跨ってきた。

さっきのどす黒いマンコをボクの顔に押し付けて「そうよ、もっと舐めなさい」と腰をぐりぐりと押し付ける。そのまま体制を変えて、マンコをボクに押し付けながら、ママは白いブリーフを脱がして、ボクのおちんちんをむき出しにする。

「あらー、大きくなっちゃっているわ、やらしい子ね」とボクのペニスをうっとりと握っている。僕は必死になってママの真っ黒なマンコのびらびらを舐めている。ママのビラビラは真っ黒で分厚くて、まるでアワビのようだ。

ママは、さらにさっきのピンク色の卵のようなものをボクのおちんちんに押し当てる。「いやーね、透明な汁が出てるじゃないの、いやらしい子ね。さすがはママの子だわ」などと言ってる。

その間も僕はママの真っ黒けのビラビラを舐め続けて、ママは「あー、気持ちいい。じゃあ、ママがご褒美あげるね」とぱっくりとボクのちんちんをくわえて、しゃぶり始めた。これが女のひとのフェラチオなんだ! そして、これがシックスナインなんだとボクは感激した。目の前にあるママのマンコと、ボクのちんこがずっと気持ちいい。ずっとずっとこんな時間が続けばいいのにと思った。

ぐちゅぐちゅと音を立てながら、ママはずっと僕にマンコを舐めさせながらチンポコをしゃぶっている。「ほら気持ちいいでしょ、ここに舌を入れてあげるわね」とママはおしっこが出るちんぽの先に舌をぐりぐり入れてくる。

「ここが感じるんでしょ、変態ね。ママと同じ変態ね」と言いながら、尿道責めをして、さらにキンタマまで舐めるママ。ずっとずっとママに気持ちいいことをされて、ボクのちんぽはガッチガチに勃起している。

ママの膣にボクのちんぽが吸い込まれていく

「さあ、ママが入れてあげるからね」とママは僕のガッチガチのちんぽを握って、そのまま自分のマンコに押し当てている。

「ちゃんと見てるのよ、入るところを見てなさい」とママはマンコをちんぽに押し当てて、そのまま体重をかけてずぶずぶと押し入れてくる。とうとう大好きなママとセックスができるんだと思うと、僕はもう死んでもいいと思った。「ほら、ママの中はあったかいでしょ」と言いながらゆっくりと腰を上下に動かし始めた。

「ほら、気持ちいい? よく見えるでしょ入っているとこが」とママは結合部分を丸見えにする。画面いっぱいに広がったちんぽとマンコ。ママのマンコは肉厚ビラビラなので、まるで生き物のように、ボクのちんぽを食べている。

しかし、この騎乗位の結合部分のドアップは、本当にすごいです。管理人が今までみた無修正動画の結合部分ドアップのなかでもベスト3にはいります。必見です!!

「あー。きもちいい、中に入っているわ」と、ゆっくりと気持ちよさそうにリズミカルに腰を振っている千代子ママ。「ちゃんと見てなきゃダメよ」と僕にセックスを教えてくれるママ。

「じゃ、こんどまママを後ろから入れてみて」と四つん這いになるママ。「解る? 入れ方? そうそう、上手よ」とボクが入れたちんぽに満足そうなママ。このままママを悦ばせることができるといいなあ…と思いながら、今度は僕が腰をつかって、ママのマンコにちんぽを入れたり出したりしている。これがセックスなんだね。ママ。

ママのマンコにちんぽを押し付けるようにすると「ああ、上手よ。パパよりも上手だわ」をうっとりした声を出しているママ。マンコの周りには、白いネバネバしたものが付着している。ボクはまだ射精してないから、これはきっとママのネバネバなんだと思う。

「こんどは立ってしてみて」とママは壁に手をついて尻を突き出す。「ああ、頭まで痺れそう」と呟くママ。さっきよりもママのネバネバ汁がたくさん出てきて、ボクのちんぽが白く汚れ始めている。

「大丈夫?疲れない? 今度はまたママが上になるわね」と僕を横にして、また跨ってくるママ。うさぎ跳びをするみたいに足をガニ股に開いて、ハアハアいいながら、ボクの上で腰を上下にするママ。ママはきっといつもパパや他の男の人とも、こんなセックスをしているのかなあ。

「ああ、すごい太いのが入っているわ」とゆっくり腰を上下するママ。激しいセックスよりも、じっくりとちんぽを味わっているようだ。

綺麗で清楚なママを妊娠させるために中出し

「じゃあ、ママが下にくるから動いてね」と横になり大きく股を開くママ。そのマンコに僕はちんぽをずぼずぼっと入れた。ママのマンコにボクのちんぽが出し入れしているのが見える。そのちんぽをママの真っ黒な大きなビラビラが包み込むようになっている。これが大人の女とのセックスだ。

「ああ。すごい、素敵よ」とママが気持ちよさそうにあえいでいる。ママのように素敵な大人の女性も、ボクのちんぽが入るとただの発情したメスだ。やらしいママ。セックスにだらしないママ。こんなママは、お仕置きしてあげなくちゃ。

清楚で美人なボクのママなのに、本当は下品なセックス狂いのメス。こんなママにお仕置きするには、ママの膣にボクの精液を出してやろうと思った。そのままママを妊娠させて孕ませて、ボクの子供を産ませてやろうと思った。

ママはボクのそんな気持ちがわかったのか「ああー、気持ちいい。こまま中でイってもいいのよ、中でイって!」とうわ言のように腰を振っている。

「中でイって。中でたくさん出して」とボクの精子をおねだりしている。「ああ、イって!イって!」と狂ったように叫ぶママ。ボクもママの膣にたっぷりと精液を出そうと激しく腰をママの股間に出し入れしている。

「ああ、いきそうだよ」
「ほんと、ママもいきそうよ」
「ママの中に沢山だしてね」
「ああ、イくよ!」
「ああ、。ママもイクーーー!」

と叫ぶと同時にママの膣の中に、子宮に届くようにに射精した。

どくどくと膣の中で出続ける精液。きっとママは妊娠するだろう。

妊娠したら、毎日ママに中出ししてやろう。そしてボクのセックス奴隷として調教してやろう。愛しているよ、綺麗で清楚なボクのママ。

見終わって

なんだか、マザコンプレイのエロ小説みたいになってしまいましたが(笑)。そんな気にさせられる高島 千代子ママです。とにかく会話が本当によくって、それだけで興奮しますが、実際の無修正映像もすごいです。なにより真っ黒けで肉厚のビラビラ。分厚い牛タンみたいです(笑)

この高島 千代子さんも人気のAV穣の野宮凛子さんですね。さすがに演技もうまいし、それを無修正で見れるとは嬉しい時代です。

続編の「高島 千代子 50歳-2:人妻斬り」はこちら

スペック

配信サイト:人妻斬り
タイトル:高島 千代子 50歳
名前:高島千代子
年齢:50歳
身長:159cm
3サイズ:83/60/87
タイプ:熟女 細身
再生時間:時間:00:47:41
公開日:2008年12月25日

作品掲載ページ での紹介文(引用)

サイトの会員様の熱い要望により遂にあの奥様が再登場!息子ほどの年齢の若い男優に翻弄されながらも喜ぶ千代子さん。途中から怪しい雰囲気に…清楚な奥様が見せる普段の顔とは違う淫乱な姿をとくとご覧ください。

高島 千代子さんについて

上にも書きましたけど、高島 千代子さんはAV女優の野宮凛子さん。一時代に輝かしい作品を残したカリスマ熟女さんだと思います。なにしろWikiペディアにも掲載 されているくらいですから(笑)

その野宮凛子さんの無修正動画がインターネットで楽しめるなんて、本当によい時代だと思います。厚さ3ミリの分厚くて真っ黒けな小陰唇がモニタで確認できるのは、ある種の感動があります。現在はあまり女優さんはされていないようですが、また戻ってきて欲しい女優さんのひとりですね。たとえ還暦になっていても(笑)

野宮凛子さん名義のメジャー作品(モザイク)はこちらです。


管理人ブログ一覧(インデックス)