野沢小百合 52歳:人妻斬り

旦那さんとのエッチは全く無くなってしまったから浮気でエッチしちゃった!?という小百合さん。恥ずかしそうにしながらもマンコは最初からヌレヌレ状態!!自分の子供程、年の離れたハメ師のチンポに我を忘れて喘ぎまくってます!!

掲載サイトの紹介文より(掲載サイトへリンクしています)

はじめに

この作品のレビューを書く際に、色々悩んだ。ユーザーとして全然面白くなかったからである。面白くないどころか、見ていて段々腹が立ってくるような地雷作品だからだ(笑)。

このサイトは熟女動画の魅力を伝えるためのものだ。若い女性と違って熟女には色々な欠点も多い。それでも、どこか魅力的な部分があるから、それを探して紹介したいという気持ちだけでやってきた。けれど、この作品では無理だった。ならば、紹介しなければいいじゃないかという意見もありそうだけど、いちユーザーの正直な気持ちとして、ちゃんと伝えた方がよいと思ってレビューを書くことにした。

むろん熟女の魅力は人それぞれで、この作品をよしとする方も多いと思う。でも、残念ながら今回は無理。主観すぎて申し訳ないと思うが、そのあたりをご理解いただき目を通していただけると嬉しいです。

普通の主婦が不倫体験を自慢する

ベッドの上に腰掛ける野沢小百合。普通のブラウスに黒のスカート、本当に普通の主婦。ルックスも体型も普通で、そこそこに期待できるかなと思った。

インタビューが進むうちに、なんか会話の調子に違和感を感じる。なんか妙に上から目線風な喋り方なのだ。特に年下の男と不倫した体験を自慢そうに喋るのがむかつく。今から男とセックスをすることを前提とした喋り方じゃない。とにかく会話がエロくないのである。そもそもエロとは無縁な人なんだろうと思う。

奥さんとオナニーの体験を聞くと、オナニーは殆どしないらしい。する時は道具を使わずに妄想の世界ですると言うのだが、その妄想が全然エロくないのだ。「素敵なひとが、この辺にいるような感じで…」なんて大雑把な妄想なんだろうか。

驚くほどの高速オナニーに怒りを覚える

そんな話をしながら服を脱ぐのだけど、脱ぎ方もエロくなく、淡々と服を脱いで全裸になる。これまた全裸にエロさが全然ない。ひどい。

そのまま寝てオナニーをする主婦。片手で乳を揉んで片手でまんこをいじる。1分で声を出してわざとらしく喘ぐ。少し指を入れてマンコ全体を動かす。あまり中身が見えない。

そうやって見ている間にイッてしまう。3分かかってない。おまえはカップヌードルか。あまりにも早いオナニーで笑ってしまう。男優に「高速オナニーですね」なんて言われている(笑)。

ちょっとマンコを見せてと言って、指で広げさせる。ここでようやくマンコ全開。ビラビラは黒いけど、薄い肉襞。

あまりよく見えないまま風呂場のシーンに切り替わる。なんだか撮影している側もやる気がないように感じられる。そして画面が変わって、風呂でシャワーしている太ったオバサンが映る。全然エロくないシャワーシーンが無駄に長いし(笑)。風呂出る前にマンコを広げさせるが、あまり奥まで見えない。

またまた場面変わってソファにすわるオバサン。この動画サイトでお馴染みの、いつものオレンジのソファ。全裸で座ったまま、無表情でやる気のないオバサン。

「昔は綺麗だったであろう奥さんを想像しながらキスをします。いや、今がダメと言っているわけじゃないですけどね」なんて、男優もやけくそで嫌味とか平気で言ってる。その奥さんにキスをする。でもベロチューじゃない。

そのまま乳を揉んだり、たぷたぷしたりして感触を楽しむ男。目をつぶって無反応な奥さん。やる気のないデリヘル嬢のようである。

そのままマンコを広げ、ろくに観察もせずに、いきなりバイブをぶちこむ。突っ込んで動かすと、すぐに声を出す。しかし全然エロさが伝わってこない。淡々と儀式のようにタスクをこなしているだけで、全く萌えない。

ワンパターンのフェラチオに勃起しないチンポ

つまらんバイブシーンも全然盛り上がらずに、場面が変わってベッドの上。横になった男の小さなちんぽを舐めるオバサン。

最初から咥えて口でしごくフェラチオ。全然テクニックがない。なかなか勃起しないちんぽが正直で笑える。とにかくへたくそなフェラチオ。ただしごくだけで、愛情を感じないのだ。時々舌も使うけど、基本しごくだけのワンパターン。

なんとか勃起したものの、硬くないちんぽ。男優も仕事だと割り切っているのだろう、柔らかいけど「入れよう」という。

「奥さん、なんでナマはダメなの?」と聞くと「ナマで、もし子供ができたらどうするの?」なんて、ふざけた答えをする。妊娠を心配する歳かババア、と思いながら、男優もそれに対して「僕も奥様との子供はお断りです」とか言ってる。嫌味満載で完全に男もやる気無し(笑)。つか怒ってるわな。

「じゃゴムを付けます」と言って、すぐにカメラ切り替えて挿入シーン。やる気無しの編集。まだ半立ちのチンポを突っ込む。奥さんは感じて声を出しているが、男優は無言でピストン。まあ、この手の作品は基本男優は無言なんで、気にしませんが。

仕事とはいえ、男優が可哀想に思えてくる。男優も、勃起力を高めようとしているのか、乳揉みながら挿入しているのだけど無言。延々と同じペースでピストンを続ける男優。「ハァハァ」と疲れた声を出している。お疲れさんと男に声をかけてやりたくなる。

今度は、四つん這いにさせて背後位の体勢。ゴムをつけたペニスが挿入されるシーンが映るが、やっぱ萎える。むっちりした尻を眺めながら、ピストン。四つん這いの女の乳がたぷたぷ揺れている。いつもならこのシーンで見ている方の興奮も高まるのに、これまでの展開がダメすぎて、全然エロくない。

「奥さん次は騎乗位しましょう。騎乗位大丈夫ですか?」と聞くと、「うーん、あんまり、苦手だなー」とか言う。ふざけんな、何様のつもりだと思うが、それに対して気を使う男優。「ちょっとだけにしましょうか」とか言ってる。男優って大変だなあと思う。

男の上に乗って腰を降る女。どこが苦手なんだと思う。乳が揺れているのだけど、全然エロさが伝わってこない。あっという間に騎乗位が終わって、最後は正常位。男は相変わらず早いペースのピストン。さっさと仕事を終わらせたいと思っているのだろう。ピストンのたびに、たぷたぷ揺れる乳。いい身体なのに見てて全然エロくない。

その後の射精シーンも何の盛り上がりもない。ペニスを抜くと、ゴムの先端に精液が貯まっている。驚いたことに、奥さんのマンコから本気汁が出ていた。こんなセックスで感じていたのかと思って、ちょっと不思議。

ペニスからゴムを外すシーン、正直見たくないっす。なんか切ないわ。

外したばかりの精液が貯まっているコンドームを女の顔に付ける。「ハァハァ」と息を切らして疲れている男優に対して、奥さんは余裕かましてやがる。むかつく。坊主憎けりゃ袈裟まで憎い(笑)。「奥さん、また機会がありましたら」…とさっさと終わる映像。最後まで男優の「ハァハァ」と言っている声がフェイドアウト後も残っているのが笑える(笑)。

すごいですね。こんなにやる気のない女は久しぶりです。なので今回はじめて「地雷」というタグを付けてみました。皆さんも地雷には充分にお気を付けください。

スペック

再生時間: 00:42:39
タイトル:野沢小百合 52歳
サイト:人妻斬り
名前:野沢小百合
年齢:52歳
身長:153cm
サイズ:B:92 W:69 H:92
カテゴリー:フェラ、玩具、自慰
公開日:2011年09月18日