神山伸子 32歳:人妻斬り

とても奥さんには見えない派手な伸子さん

2010年だと他の作品は「0930は痴女?」から「人妻斬り」に変わっているのですけど、この作品はなぜか「0930は痴女?」のままでした。遅れてきた「0930は痴女?」なんですかね。

その「0930は痴女?」の名前通りに、いつもの「ちんた君」が、神山伸子さんに「今日は来ていただいてありがとうございます。いっぱい虐めてくれるそうで」とワクワクしている(笑)

伸子さんは、とにかくスリムで細身の女性。オシャレな白いワンピースで、バストが大きく盛り上がっている。顔はちょっと水商売風というか、風俗嬢風のイケイケな感じ。

普段旦那とも痴女プレイをしているそうで、目隠ししたり拘束したりしているとか言っている。とにかくバッチリお化粧して、付けまつ毛もバッチリばさばさしている。

とりあえずは「おちんちん見せて」と言われて、伸子さんに近づく男優。「脱がして欲しいです」というと「ちゃんとお願いして!」と女王様口調の伸子さん。いいぞ、これはこの先かなり期待できる(笑)。

延々と続く女王様の陵辱プレイ

微笑みながら、男のトランクスを下げる伸子さん。細くて長い腕がセクシーだ。「ちんた君の」包茎のちんぽを目にして、何をして欲しいの?と聞く。「ピンピンして欲しいです」という男に、指でパチンパチンと弾く。「痛くないのー?」と言いつつも、遠慮なしにチンコを指で弾いてる。

「他には何をして欲しいの?」
「(ちんぽの)皮を剥いて欲しいです」

と包茎ちんぽを差し出し、伸子さんに皮を剥かせる男。「こうして欲しかったんだ」と見上げられて、なんとも屈辱的な感じでM男心に火がついてしまう。そのあとも…

「他には?」
「見られたり、ふーふーして欲しいです」
「じゃ、ふーふーして…ってお願いして」

と言って、皮が剥けた包茎ちんぽに息を吹きかける伸子さん。

「こんどは奥さんのパンツを見せてもらえませんか」
「えー」と言いながら、ソファに座ってパンツを見せる伸子さん。「触っていいですか」と聞かれ「だめよ、だめだめ」と拒否される。

さらに「服を脱いで欲しいです」とお願いしても「だめだめ、まだ、これ(ちんこ)を楽しんでないもん」とだらんとしたペニスを握る。

「他には何をして欲しいの?」
「じゃあ、足で踏んでください

と床に横になり、ペニスをぐいぐいと踏みつける伸子さん。真っ赤なペデュキュアが、男のちんぽをぐりぐりと踏みつけて、足の親指と人差し指でペニスを挟んでいる。

男も我慢ができなくなったらしく(そりゃそうだ)。「舐めてください」とか「触ってもいいですか」とか聞くのだけど、ことごとく拒否されている。いい感じの女王様の焦らしプレイ。

「じゃ、せめて裸が見たいです」
「えー、んー、じゃあ脱がして」

というと、喜んでホイホイとソファの上にあがる男。全裸なのが情けない。ワンピースのリボンを外すと、その下にはワンピースと同じお揃いのモノトーンのブラとショーツ。ブラを外すとスリムな体に似つかわしい巨乳で、どう見ても豊胸手術疑惑なのだけど、気にしない。だって伸子さまは女王様なのだから。

ブラを外して、ショーツに手をかけると「もう脱がすの?」と拒否る伸子さま。「お願いします」と深々と頭を下げる男を無視して、ちんた君のペニスを握って、ぺろぺろと舐め始める。

せっかくのフェラが始まりそうだったのに、男は伸子さまのパンティに興味が深々で、パンツをずらして隠毛の生え具合を確かめている。

「じゃあ、いいよ」と根負けした伸子さん。立ち上がってパンティを脱がせてもらう。股間にはびっしりと陰毛が生えている。

「それで?」と聞く伸子に対して、脱いだばかりの下着を指差して「それ、着たいです」と言う男。「いやだー、本気なのー?」と言われ「それを着て虐められたいです」とマゾ男っぷり全開のちんた君。

伸子さまのパンティを履いて、ブラを身につける男。「変態ねー」とチンポを確認すると、先っぽから透明の我慢汁が溢れている。それを手に掬って口へ運び、マゾ男の我慢汁を舐める伸子さん。男も変態なら女も変態だ。

丁寧にお化粧した光沢たっぷりの口紅と、丁寧に手入れされているピンク色のマニュキュア。そしてセクシーにその指を舐め回している伸子さん。

「パンツも履かせてください」とお願いする男に、子供に洋服を着せるようにパンティを履かせる伸子さん。

「変態ねー。こんなの着てどうしたいのー、虐められたいのー、ねえ!」とパンティ越しにマゾ男のちんぽをビンタする。

「あ、ごめんなさい、ごめんなさい」と言うたびに、チンポをビンタされている男。まさにマゾ男の至福のとき。

「こうやって叩かれるのが好きなんでしょ」と遠慮なしにちんぽビンタする伸子さん。「このまま舐めてください」とお願いする男に「変態!」と言いながらも自分のパンティごしにペニスを舐めている伸子さん。

「ちんぽビンビンで外に出たがっているよ」とパンティから半分勃起しているチンコを取り出すと、「あ、だめです仕舞ってください」と元どおりにペニスをパンティの中に押し込む男が変態心が炸裂してて、面白い。というか気持ちはよくわかる。

ブラジャーとパンティのまま、ソファに座るマゾ男。変態カップルのツーショットがなかなか笑える。パンティ越しにペニスをサワサワと触られながら、乳首をコリコリといじられている。「乳首してほしいの? お願いして」とまたしても命令する伸子さま。

今度はペニスも…と言おうとすると、パンティからペニスをはみ出させてフェラチオする伸子さま。

「自分ばっかりじゃなくて、わたしにもして」という伸子さまに、「はい、わかりました」とペニスをパンティに仕舞う男。ソファの上でM字開脚する伸子さんの、股を大きく開いてマンコをガン見する男。伸子さんのおまんこは、全く手入れしてない陰毛がびっしりで、小陰唇の周囲や肛門までモジャモジャのマン毛が生えている。

「ああ、中が濡れてますよ」と指を突っ込み、ぐちょぐちょとかき混ぜる男。すぐにマンコからグチョグチョと音が出てきて伸子さんも、「あ、ああ、ああ」と吐息を漏らす。さっきまでの女王様が豹変して、マンコで感じるメスになってきている。

「舐めさせてもらっていいですか?」と男が股間に顔を埋めて、マンコやクリトリスを舌でレロレロと舐め回す。ズームアップしたマンコの中からは白く濁った本気汁が出始めている。そしてクンニしている男は、女王様の下着を身につけている。

「ああ、ねえ来て」と男を自分の前に座らせて、背後からパンティを触って「どんなになってるの?」とパンティ越しにペニスを触る。そして勃起している肉棒を取り出して、シコシコと手コキを始める。

「気持ちいいの?」と優しく声をかけられて「気持ちいいです」とうっとりする男。さらに時々先端の我慢汁に口をつけてペニスにキス。

男もキスしてもいいですか? と女王様の唇を求めている。

「したいの?」と男に応えるように言って、2人は舌をレロレロと絡ませるディープキス。女王様とマゾ男のディープキス。絡み合う舌と舌をカメラはドアップで撮影している。

「もうちんぽビンビンだよ」
「あー、じゃあ、シャワーに行きましょう」と言われ、浴室に消える伸子さん。

全身洗いをしてくれるスリムな奥さん

浴室のドアをあけると、スポンジを持って泡だらけの伸子さん。「洗って差し上げましょうか」という男に「いいよ、洗ってあげる」と優しい伸子さん。

ちんぽを泡だらけにして、しこしこと洗ってもらい「全身も洗ってもらっていいですか」というと「洗ってください は?」と悪戯っぽい目で見上げる伸子さん。

椅子の上に立っている男に、全身に泡を塗って絡みつくように洗っている伸子さん。本当にスタイルのよい女性なので、見ていてうっとりする。

さらに男の股間に背後から手を差し込んでペニスを握るという、まるで風俗嬢のようなテクニックまで披露。さらに乳首を泡でヌルヌルしたりとか、優しい伸子さん。

じゃあ、僕が洗います。と椅子に座った伸子さんの背中を洗う伸子さん。さらに調子に乗って泡だらけのチンポを背中にぐりぐりと押し付けて肉棒洗いをしている男。だんだんとラブラブな男女のオーラが出て来ている。

相互オナニーでガチガチに勃起するチンポ

場面が変わってラブホテルのベッドの上。全裸で笑っている伸子さんが可愛い。その彼女にピンクローター(豆のように小さいやつ)を渡して「オナニーしてください。僕もそのオナニーを見ながらオナニーします」と、ちんぽをしごきはじめる。

ローターで乳首をグリグリしている伸子さんに、目の前でチンポをしごいてオナニーしている男。そのチンポをガン見している女。

ローターが股間を刺激し、ベッドに仰向けになる伸子さん。それでもまだチンポをずっとしごいて彼女を見ている男。なんていやらしい構図なんだ。そのままローターで軽く絶頂を迎えた伸子さんを確認すると、ギンギンのペニスを顔の前に差し出して、フェラチオをおねだりする男。

差し出された肉棒をぱっくり口に含んで、ぐちゅぐちゅとフェラチオする伸子さん。すると男が「奥さん、ローションがあるんだけど、これでシコシコしてくれない?」と甘えている。

コップに入ったペペローション(風俗でお世話になるヌルヌルのやつ)を手渡されて、たっぷりヌルヌルローションをまぶして、亀頭やカリ首をにゅるにゅるとしごく伸子さん。「気持ちいいの?」と男を見て微笑むのが素敵。

男はローションでヌルヌルのちんぽをしごかせながら、伸子のマンコに指を入れて楽しんでいる。「あ、あん、あん」と可愛い声を漏らしながら、ちんぽをしごき続ける。

「あ、もう我慢できないです」
「入れたいの?」
「上に乗ってください」
「じゃあ、ちゃんとお願いして」
「上に乗ってください。入れてください、お願いします」

女王様から女に戻った奥さんに中出し

「じゃあ入れるよ」と少しずつ焦らしながら、ゆっくりと腰を沈めて肉棒をマンコの中に押入れてくる伸子さん。そのままゆっくりと腰を動かして「あ、ああ」とねっとりした騎乗位を楽しんでいる。

「気持ちいい?」と男に確かめるように言い、腰をゆっくり上下する伸子さん。ペニスの感触をゆっくり楽しんでいる。男もいつにも増して「はぁ、はあ」と喘いでいる。

そんな男をみて、騎乗位でハメたまま男の乳首にキスをする伸子さん。徐々にスピードが早くなり「ああーん、ああー」と甲高い声を上げ始める。

画面がフェードアウトして、ベッドに仰向けになる伸子さん。男が勃起したペニスを見せびらかして「おちんちん入れてください」と自ら挿入することを即する男。伸子さんは、男の言葉通りにペニスを握って自分のマンコに導いていく。

そのまま激しいピストンで「ああ、あああー」と声をあげる伸子さん。さらに両足を掲げてペニスを膣の奥までぶち込むと「ああー、いやー、いやー」と我を忘れて快楽にまみれる伸子。最初の女王様から豹変して、硬い肉棒にされるがままになっている。

もう完全に快楽を求めているメスになっている伸子。男も最初の仕返しのように力の限りペニスをマンコに打ち付ける。「あ、イキそう!」と叫んで、さらに拘束ピストン。「うう!」と叫んで膣の奥までたっぷり射精した。

ちんぽを抜くと、ヨーグルトのようにドロッとした精液が膣から流れ出す。最後の笑顔も可愛い伸子さん。

ついでに最後に「おしっこしたい」と言うと「じゃ撮影させて」とお願いするシーンがあります(笑)。伸子さんは「えー、いやだー」と拒否するのですが、カメラマンに押しきられて、恥かしがりつつも仕方なしに浴室でうんこ座りで放尿。「恥ずかしいなあー、わたしエムなのかなー」なんて言ってるのが可愛かった。

スペック

配信サイト:人妻斬り
タイトル:神山 伸子 32歳
名前:神山伸子
年齢:32歳
身長:165cm
3サイズ:85/57/85
タイプ:ミセス 細身 巨乳
再生時間:01:00:02
公開日:2010年03月01日

作品掲載ページ での紹介文(引用)

スレンダーなボディーにスラリと長い脚。細身の身体に大きな乳房の官能的な肉体。女の下着を着用した変態男をののしりながらいきり立つ肉棒を擦り上げる…強きな女も放尿シーンでは恥ずかしそうに股を広げる仕草がまた性欲を掻き立てる

神山伸子さんについて

神山伸子さんは、「人妻斬り」以外の作品には出演されていないようです。メジャー作品もありませんでした。いい女なのに残念ですね。本当に素人さんなのでしょうか?(私には風俗嬢に見えましたけどw)

この動画を無修正で見るには

無修正動画を無料で見ることは違法です。安全で合法な視聴をするには有料のアダルト動画サイトに入会することです。会員になれば、期間内はダウンロードして、皆さんのパソコンやスマホやタブレットに無修正動画を保存でき、それは永遠にあなたの所有物です。

そして、コスパは最大1作品10円以下!! モザイク動画で個室ビデオでオナニーをしたり、出張先のホテルでプリペイドカードを買っている場合ではありません(笑)ぜひ、安価で安全、安心で合法な無修正動画を楽しんでください。ずっとずっと。

詳しくは、こちらをご覧ください


管理人ブログ一覧(インデックス)


榎本蓉子、山田幸子、山川としえ